第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】2019年10月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]プロレベルの打撃に驚愕した入学当初
[2]センバツでの敗戦で自分の力の無さを悟った

 今夏の甲子園で悲願の初優勝を成し遂げた履正社。強力打線を誇ったチームの中で3本塁打を放ち、全国制覇に大きく貢献したのが4番に座る井上 広大だ。身長187㎝、体重97㎏と恵まれた体格の持ち主だが、ホームランを打てる秘訣はそれだけではない。高校3年間での成長やセンバツの負けから磨いてきた対応力について話を聞いた。

プロレベルの打撃に驚愕した入学当初



インタビューに答える井上広大

 子どもの頃から他の同級生と比べて背が高かったという井上。小学2年生の冬に習っていた柔道場の先輩に誘われてソフトボールの体験練習に参加したのが、野球に出会うきっかけだった。そこで初めてバットを握った井上はいきなりホームランを放ち、楽しさに目覚めたのだという。

 中学では東大阪シニアに入団し、野球に転向。ボールの違いにも戸惑うことはなく、1年生から上級生に混じって試合に出場していた。チームの先輩が履正社に進んでいたこともあり、チームの代表に「履正社で甲子園に行きたい」と自らの意思を伝えた。そこで代表が岡田龍生監督に話を持ち掛けてくれたこともあり、履正社に進学することが決まった。

 井上が履正社に入学した時には、後にドラフト1位でロッテに進むことになる安田 尚憲が2学年上にいた。長打力には自信のあった井上だが、安田の打撃を見て驚いたという。
「自分の引っ張った打球が安田さんの流した打球と同じ距離だったのを見て、これがプロに行く人のバッティングなんだなと感じました。高校に入って安田さんみたいに逆方向に飛ばしたり、バッティングの技術が高くなるのかなという不安はありました」

 安田と同じ組で打撃練習を行うことが多かった井上は、ゲージの後ろから打席内での動きや始動のタイミングなどを見て、どん欲に学ぼうとしてきた。その中でも参考になったのは積極性だ。
「試合でも消極的にならず、ファーストストライクから積極的に振っていく姿が印象深いので、そういった面は自分も真似しないといけないと感じました」

 プロレベルの打撃を目の当たりにしながらも、井上自身も自慢の打力をアピールして、1年夏にベンチ入りを勝ち取った。だが、2年夏までは大阪桐蔭の高い壁に跳ね返されてきた。特に2年夏は1点リードの9回二死から逆転負け。6番レフトでスタメン出場し、試合途中でベンチに下がっていた井上はこの試合をこう振り返る。
「あと1アウトで勝てると思った時点で、大阪桐蔭の最後まであきらめない気持ちに負けたのかなと思います。ベンチでもあとアウト1つで勝てるという声が出ていたので、それに対して、大阪桐蔭の何としてもという気持ちが勝ったと思います」

【次のページ】 センバツでの敗戦で自分の力の無さを悟った

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木下元秀(敦賀気比)
井上 広大(いのうえ・こうた)
  • 履正社
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:187センチ97キロ
  •  
【関連記事】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第280回 今年の独立リーグのドラフト候補は過去最強の顔ぶれ。四国、BCともに人材豊富。【ドラフト特集コラム】
第12回 【12球団ドラフト指名予想】オリックスには何が足りない?小関氏がチーム事情を分析【プロ12球団ドラフト分析2020】
第11回 【12球団ドラフト指名予想】小関氏も1位に伊藤 大海(苫小牧駒沢大)の名を!日本ハムの1位指名を大胆予想!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー