目次

[1]高部のバッティングを支えるのはヘッドの出し方にあった
[2]憧れのイチローのように夢を与える立場へ

 東都大学リーグに所属する国士舘大でヒットを量産する安打製造機・高部 瑛斗東海大甲府時代には甲子園も経験する高部の打撃理論を自身の球歴とともに前編は振り返った。
 今回はさらに深く踏み込み、高部が構築する打撃理論の核となる部分について迫っていった。

前編はこちらから!
常に成長を促した競争意識とチャレンジャー精神。そしてイチローの存在 高部瑛斗(国士舘大)【前編】

高部のバッティングを支えるのはヘッドの出し方にあった


 高部にとってインパクト時の「バットにボールが引っ付く感覚」は大事な部分であるが、そこまでのアプローチ。つまりバットの軌道に深いこだわりがあった。
 「とにかく真っすぐ出すことです。そのために最初はダウン気味でバットを出して、左肘を入れながらレベルでバットを振っていく。そして最後は少しアッパー気味でミートさせます。
 それとボールとの距離を作るためにしっかりとトップを作ること。そして、ヘッドをギリギリまで出さないようにしています」

 ヘッドを出さないこと。ここに安打製造機・高部の神髄が隠されていた。

 「ある程度ヘッド、バットの面を出さないようにすれば、ある程度どのボールにも対応できます。これができればヘッドを出したときにヘッドが走ってくれるのでボールがバットに吸い付いてくれる。あとは自分の力で押し込んで返したいタイミングで返して飛ばすだけ。なので、ヘッドをギリギリまで出さないことが1番大事ですね」

 ヘッドを前で出してあげることが出来ることで、ボールへの対応はある程度できるようになったのだ。しかしさらに舌を巻く技術論を高部は口にする。
 「返す時にボールを転がすというか、返しを利用してボールにスピンをかけて飛ばすんです。この感覚は3年生になってから次第に体で分かってできるようになりました」

 打率だけではなく、長打も打てるのは高部の魅力だが、その裏側には繊細な技術が詰まっていたのだ。さらに、高部は逆方向へのバッティングも話す。
 「その逆で返さずに逆方向に打ち返すこともできますが、こっちはまだ反応だけでやっています。この技術はもっとできるようになったら、確率は上がると思います」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。