第1057回 高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】2019年10月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高部のバッティングを支えるのはヘッドの出し方にあった
[2]憧れのイチローのように夢を与える立場へ

 東都大学リーグに所属する国士舘大でヒットを量産する安打製造機・高部 瑛斗東海大甲府時代には甲子園も経験する高部の打撃理論を自身の球歴とともに前編は振り返った。
 今回はさらに深く踏み込み、高部が構築する打撃理論の核となる部分について迫っていった。

前編はこちらから!
常に成長を促した競争意識とチャレンジャー精神。そしてイチローの存在 高部瑛斗(国士舘大)【前編】

高部のバッティングを支えるのはヘッドの出し方にあった



左:理想的な出し方 右:ダメな出し方

 高部にとってインパクト時の「バットにボールが引っ付く感覚」は大事な部分であるが、そこまでのアプローチ。つまりバットの軌道に深いこだわりがあった。
 「とにかく真っすぐ出すことです。そのために最初はダウン気味でバットを出して、左肘を入れながらレベルでバットを振っていく。そして最後は少しアッパー気味でミートさせます。
 それとボールとの距離を作るためにしっかりとトップを作ること。そして、ヘッドをギリギリまで出さないようにしています」

 ヘッドを出さないこと。ここに安打製造機・高部の神髄が隠されていた。

 「ある程度ヘッド、バットの面を出さないようにすれば、ある程度どのボールにも対応できます。これができればヘッドを出したときにヘッドが走ってくれるのでボールがバットに吸い付いてくれる。あとは自分の力で押し込んで返したいタイミングで返して飛ばすだけ。なので、ヘッドをギリギリまで出さないことが1番大事ですね」

 ヘッドを前で出してあげることが出来ることで、ボールへの対応はある程度できるようになったのだ。しかしさらに舌を巻く技術論を高部は口にする。
 「返す時にボールを転がすというか、返しを利用してボールにスピンをかけて飛ばすんです。この感覚は3年生になってから次第に体で分かってできるようになりました」

 打率だけではなく、長打も打てるのは高部の魅力だが、その裏側には繊細な技術が詰まっていたのだ。さらに、高部は逆方向へのバッティングも話す。
 「その逆で返さずに逆方向に打ち返すこともできますが、こっちはまだ反応だけでやっています。この技術はもっとできるようになったら、確率は上がると思います」

【次のページ】 憧れのイチローのように夢を与える立場へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木下元秀(敦賀気比)
高部 瑛斗(たかべ・あきと)
  • 東海大甲府-国士舘大
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:177センチ70キロ
  •  
【関連記事】
第151回 「まるで打球音が違った」ミスタードラゴンズの道を突き進む高橋周平(東海大甲府出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
高部 瑛斗(東海大甲府) 【選手名鑑】
東海大甲府 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー