目次
目次
[TOC]

[1]勤務先で「あの」ゴールデンルーキーとバッタリ
[2]鈴木誠也(広島)のような走攻守のハイレベルを目指して

[1]勤務先で「あの」ゴールデンルーキーとバッタリ
[2]鈴木誠也(広島)のような走攻守のハイレベルを目指して

 10月17日(木)に東京都内のホテルで開催される「プロ野球ドラフト会議 supported byリポビタンD」。日本野球最高峰NPBへの扉を開けるべく、今年も数多くの若者たちが「ドラフト候補」の称号を手に歓喜の時を待っている。

 特にドラフト1位が有力視されている最速151キロ左腕・河野 竜生(JFE西日本)をはじめ、中国地区の社会人チームには有望選手が多数存在。今回はその中から2名のインタビューをお届けする。1人目は報徳学園(兵庫)卒3年目・JR西日本の50メートル走5秒8・遠投120メートルを誇る外野手・佐藤 直樹(178センチ85キロ・右投右打)である。

勤務先で「あの」ゴールデンルーキーとバッタリ


―― 兵庫県神戸市出身1998年9月3日生まれの佐藤選手、まずは野球を始めたきっかけを教えてください。

佐藤 直樹 外野手(以下、佐藤) 中央小1年の時、灘西レイダース(軟式)の監督さんから誘われました。自分はその時空手をしていましたが、野球をやってみたら楽しくなって空手を辞めて野球に転向した感じです。

―― 中学からは報徳学園中(軟式)、報徳学園と進んでいきます。まず報徳学園中に進んだ理由は?

佐藤  友だちが報徳学園中を志望していたので「自分もそうしようか」と思って。そんな深い理由ではないです(笑)。でもこの6年間で野球に取り組めたことはよかったです。高校の監督は永田(裕治・現:侍ジャパンU-18代表監督)さんでしたが、厳しい中にも褒めてくれる監督さんでした。報徳学園はグランドも決して広くないし、室内練習場もない。その中でひたすら野球に取り組んでいました。

―― 大学などの選択肢もある中、JR西日本へ進んだ理由は?

佐藤  永田監督が勧めてくれたんですが、この3年間で野球を考えられるようになりましたし、野球の深さも知ることができたので、今は社会人に進んでよかったと思っています。

―― ということは勤務もありますよね?

佐藤  朝方はJR広島駅で勤務しています。シーズン中には遠征に出る広島東洋カープの選手たちにも会うことがあるんですが、この前は高校2年後輩の小園(海斗)にもバッタリ会って「おお!」となってました。

 でも、小園は高校時代からすごかったけど、プロ1年目からあれだけ試合に出てすごい。僕とってもいい刺激になっています。