第1051回 宮川哲の魅力は150キロ超えの速球だけではない。高速カーブなど変化球を投げるポイントを解説!【後編】2019年10月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]持ち球のカーブ、カットボール、フォークボールを投げるポイントを解説!
[2]初の都市対抗出場も自身のピッチングには納得していない

初の都市対抗出場も自身のピッチングには納得していない



宮川哲(東芝)

 宮川の変化球の精度が高まったのは投球フォームの改良が大きい。そこは、高校、大学、社会人とレベルが高まってきて、同じ考え方では通用しないと感じたことが理由だ。
 その中でも投手として成長を見せた大学時代から継続的に取り組んでいるのが「遠投」と「体幹トレーニング」だ。まず遠投について、「遠投はほぼ毎日やっています。体を大きく使って強いボールを投げる目的をもって投げています。僕は遠投をかなり大事にしていますね」

 実際に遠投を見てみると、かなり遠い位置からでも失速せず強いボールを投げているのが分かる。そして前編でも紹介したが、宮川はキャッチボールの前に、いろいろな種類の体幹トレーニングに取り組んでいる。
「僕は投げることにおいて体幹はかなり大事だと思っていて、ほぼ毎日やっています。大学時代からその重要性は感じていて、トレーニングはかなりやるほうだと思います。おかげで大きな怪我をすることなく投げられていると思います」
 こうした毎日の積み重ねで社会人野球でもトップクラスの150キロ台のストレートを投げることができるのだ。

 そして社会人2年目の今年は、予選を勝ち抜き、自身初の都市対抗出場を決める。2回戦のJR東日本東北戦では4.2回を投げて自責点2、5奪三振、そして準決勝のJFE東日本戦で先発。5回を投げ、6奪三振、自責点2。2試合合わせて、9.2回を投げ、11奪三振、自責点4に終わった。宮川はこの結果に満足していない。
「社会人に入って目標にしていた大会でしたから、投げられた喜びはあります。ただ内容としては全く満足していないですし、自分の甘さを痛感させられました」

 その後、宮川は日本選手権へ向けて調整を続けている。近づいてきたドラフト会議。今までとは違い、緊張の日々を過ごしている。宮川は「指名されて、プロの世界にいくことができれば、大事な場面で任される投手になりたいです」と意気込んでいる。

 こうしてレベルの高い環境に応じて努力を続けてきた宮川。能力以外にも大きな強みとなるだろう。まだ伸びしろたっぷりの24歳に吉報は届くのか。

(取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
常葉大菊川

プロフィール

宮川哲(東芝)
宮川哲(みやがわ・てつ)
  • 東芝
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:177cm80kg
  •  
【関連記事】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー