目次
目次
[TOC]

[1]飛躍を支えた『フライボール革命』と清水隆行氏の金言
[2]長打と打率を残せるスラッガーとしてプロの世界へ

[1]飛躍を支えた『フライボール革命』と清水隆行氏の金言
[2]長打と打率を残せるスラッガーとしてプロの世界へ

 前編では、東洋大が誇る長距離砲・山田 知輝の打者として活躍するまでのストーリーを紹介してきた。後編では、飛躍につながった『フライボール革命』と東洋大OBの金言に触れていきたい。

前編はこちらから!
山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」(前編)

飛躍を支えた『フライボール革命』と清水隆行氏の金言


 2年生の秋に開幕スタメンながらノーヒットに終わった山田。大学ラストイヤーに結果を残すために大事な冬場を迎えた。その中で出会ったのが『フライボール革命』だった。

 「ライナーからフライくらいの高さの打球を打つように意識を変えました。ゴロを打たないようなスイングをイメージしてから結果を残せるようになりました」

 その中で参考になったのが柳田悠岐や吉田 正尚のスイングだったが、山田の心に刺さったのは柳田のある言葉だった。
 「柳田さんのインタビュー動画で、『インパクトの瞬間にバットを上げる』と言っていたんです。それは参考にしています」

 山田は3年生の春くらいまで、トップを低い位置に構え、レベルスイングで振り始めていく形だったが、フォームを変更。柳田さんのイメージを持ったまま、今のフォームに辿り着いた。だが、山田が結果を残せたのは意識を変えただけではない。

 「杉本監督から『タイミングを取り方が下手だ』と言われて。そこでも杉本監督に色々教わって、試していきました。その中で一番合っていたのが清水隆行さんの教えでした」

 東洋大のOBで、U-15日本代表の監督も務められた清水氏。「清水さんのおかげといっても過言ではないですね」という清水さんからタイミングの取り方を教わり、山田は急成長を遂げる。

 まず指摘されたのが、突っ込む癖だった。
「最初に見てもらったときに『近くに見える』って言われたんです。自分はそれを聞いたときに『突っ込む癖があるからバットとボールが衝突するというか。自分からボールとの距離を縮めている』と解釈しました」

 清水さんからも「いい打者は長くボールを見られる。自分の軸でボールを見られる」とアドバイスを受け、しっかりと距離を作れるように間の取り方をより重要視した。その中である練習方法を清水さんに伝授された。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。