目次
目次
[TOC]

[1]山田のバッティングの根源は、「フライを打て、ホームランを打て」
[2]強い覚悟をもって決心した打者転向

[1]山田のバッティングの根源は、「フライを打て、ホームランを打て」
[2]強い覚悟をもって決心した打者転向

 4季連続優勝に向けてリーグ戦を戦う、戦国東都の名門・東洋大。その東洋大でドラフト戦線に急上昇した選手が、山田 知輝だ。

 春季リーグ戦では最多となる5本の本塁打を放ち、自身初のベストナインを受賞。井口資仁監督と村田 修一氏が持つ1シーズン8本塁打に残り3本と迫っていた山田は、投手として東洋大に入学し、大学2年生の秋から本格手に野手に取り組んできた。

 約2年間で山田はいかにして東都が誇る注目スラッガーになったのか。そのルーツに迫った。

山田のバッティングの根源は、「フライを打て、ホームランを打て」


 山田が野球を始めたのは小学2年生。
 「父がそのチームで監督をやっていまして、厳しかったですし、怖かったです」と当時のことを苦笑いしながら振り返る山田に、さらに小学校の頃のバッティングについて語ってもらった。

 「野球を始めた時からバットをしたから出しやすいスイングをしていました。それに対して、『上から叩け』って指導はされました。それは中学でも言われましたが、癖になっていて自分には合っていませんでした」

 そんな山田に対して、「フライを打て、ホームランを打て」とアドバイスを送ってくれるコーチとともに毎日練習してバッティングを磨いていった。それが今のバッティングに関係していたことは、のちに触れたい。

 その後、山田は地元の中学で軟式野球をやり、高校から桐生第一へ進学する。
 「幼稚園の時の友達が桐生第一から誘いをもらっていて、その友達と相談しました。あとは、甲子園優勝経験がある桐生第一が自宅から近くて、当時は福田監督がいたのが決め手になりました」

 こうして山田は桐生第一へ進学。入学してからバッティングをかわれ、サードとして春から試合に出場。1年生の夏からピッチャーとしてベンチ入り。高校2年生の春の選抜に出場すると、ベスト8進出。最後の夏は甲子園とはならなかったが、投打で注目を浴びた山田は東洋大へ進む。

 しかし、大学では思ったような成果を残せない日々が続いた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。