第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語るバッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】2019年10月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]興味本位から切り開いた聖光学院への道
[2]ミートしてから押し込む感覚が木製バットに活きた

 大学野球界の中でも、特に熾烈を極めることで「戦国東都」と呼ばれる東都大学野球リーグ。その中で2019年の春季リーグ戦を制したのが東洋大。その東洋大に福島の名門・聖光学院から進学し、今年は主将としてチームをまとめるのが佐藤 都志也だ。

 今春のリーグ戦では打率.309の成績を残し、ベストナインを受賞。キャッチャーとしては二塁送球1.8秒をマークする強肩の持ち主で、2年連続で大学日本代表に選出された。今秋のドラフトで注目される佐藤は、今に至るまでにどんな野球人生を送ってきたのか。


興味本位から切り開いた聖光学院への道



佐藤都志也(東洋大学)

 佐藤が野球を始めるきっかけとなったのは、祖父の影響だった。
「一緒に野球中継をみたり、キャッチボールをしたりしたのが始まりです。それから『体を動かせば』という話が家で出てきて、そのときに野球をやろうとなりました」

 それから佐藤は小学3年生から地元の子供会に入り、小学5年生からは少年団でソフトボールを始めた。その後、地元の中学校に進学し本格的に野球を始め、高校では名門・聖光学院の門を叩いた。

「最初は、甲子園に行くようなチームがどんな練習をするのかを知りたくて、興味本位で練習会に参加しました。その時は『聖光学院に行けたらな』というくらいしか考えていませんでした。ただ、特待生をもらった縁で行くことを決めました」

 それからの佐藤は聖光学院の当初を振り返ると、「ボーイズ出身の選手と比べると硬式に対する経験が違うので、最初は苦労をしました」と当時のことを語る。
 そのうえで「とにかく練習しました。『自分が一番下手だ』と思って努力と一生懸命さをもってやりました」とがむしゃらに練習をしたことを話してくれた。

 佐藤はその後、守備や足の速さを武器に活躍し、正捕手の座を掴む。そして2度の甲子園出場を経験することができた。
「いい経験をさせてもらえたと思います。ただ、聖光学院での3年間は大変でした」と少し苦笑いをしながら高校時代を振り返った。

 しかしここまでの野球生活で積み重ねたものが、佐藤の大学野球での活躍の支えになっていたことが、バッティングの理論を通じて見えてきた。

【次のページ】 ミートしてから押し込む感覚が木製バットに活きた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山瀬 慎之助(星稜)
佐藤 都志也(さとう・としや)
  • 聖光学院-東洋大学
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:181センチ83キロ
  •  
【関連記事】
第15回 夏13連覇中!福島の強豪・聖光学院の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
佐藤 都志也(聖光学院) 【選手名鑑】
聖光学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー