第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学)2019年10月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]松本、東妻の二人から多くのことを学んだ
[2]一気に伸びた球速と不安定な握りで投げるスプリット

 9月7日にWエースとしてしのぎを削り合った北山 比呂と共に、プロ志望届けを提出した日本体育大学の吉田 大喜
 大学3年の春のリーグ戦で最速150キロを計測し注目を浴びると、その後は大学日本代表に選出され、9月21日の大東文化大戦ではリーグ戦初完投初完封も記録。現在、ドラフト上位候補と目されている。

 大学4年間で大きな成長を遂げた吉田だが、成長の要因はどこにあるのか。4年間の歩みに迫った。

松本、東妻の二人から多くのことを学んだ



吉田大喜(日本体育大学)

 高校時代は最速146キロのストレートを武器に、大冠を最後の夏で大阪府大会ベスト4に導き、府内では指折りの好投手だった吉田はプロ志望届けを出すも指名漏れ。日本体育大学への進学を決断したのは、高校時代の恩師である東山宏司監督からの勧めがあったことを明かす。

 「監督さんが日本体育大の卒業生で、繋がりがありました。また明石商だった松本 航さん(埼玉西武ライオンズ)など、いい選手が多いということで決めさせていただきました」 

 日本体育大学に入学後、吉田がまず感じたのは、大学生の投手は直球の質の高さと変化球の幅の広さが全く違うことであった。高校時代はストレートとスライダー中心の配球で組み立てていたが、それだけでは通用しないことを痛感した。直球や変化球、コントロールなど、すべての面でレベルアップの必要性を迫られた。

 「すごくレベルの差を感じましたね。高校生の頃はストレートと遅い球(スライダー)で抑えていましたが、大学生ではカットボールのような中間球を投げたり、真っ直ぐのキレや伸び、コントロールが全然違います。レベルの高さを痛感しましたね」



キャッチボールをする吉田大喜(日本体育大学)

 また、レベルの高さを感じたのは技術面だけではない。吉田の一学年上には、松本 航東妻 勇輔(千葉ロッテマリーンズ)のプロに進んだ二枚看板が在籍しており、吉田は「二人から多くの学んだ」と振り返るが、なかでも最も勉強になったと語るのが松本の精神面であった。

 「人は誰でも気持ちの浮き沈みがあると思うのですが、松本さんは浮き沈みがないというか、やる気がないときでもこれだけはやるということを決めて練習されていたので、そこがすごいなと思いました」

  「心技体」のすべてにおいて、大学野球のレベルの高さを痛感した吉田。ここが大学日本代表入りへのスタート地点であった。

【次のページ】 一気に伸びた球速と不安定な握りで投げるスプリット

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉田 大喜
吉田 大喜(よしだ だいき)
  • ポジション:投手
  • 身長体重:175センチ76キロ
  • タイプ:右投右打
  • 大冠高⇒日本体育大
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
北山 比呂(横浜) 【選手名鑑】
松本 航(明石商) 【選手名鑑】
吉田 大喜(大冠) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
日体大柏 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー