第1050回 「どんな場面も0点に」NPB最速160キロ左腕の原点 エドウィン・エスコバー(横浜DeNAベイスターズ)2019年09月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]160キロの原点となった砂浜ランニング
[2]プレッシャーを意識し過ぎず、一球一球に集中する

「男は黙って投げるだけ」

 8月3日の読売ジャイアンツとの試合後、ヒーローインタビューのお立ち台に上がった男の一言に、横浜スタジアムのファンは熱狂した。同点に追いつかれた8回表、なおも無死二塁と逆転のピンチでマウンドに上がり、見事に中軸を抑え込み、その裏の勝ち越しにつなげた試合だった。

 NPB最速160キロ左腕として、優勝争いを繰り広げる横浜DeNAベイスターズのブルペンを支える、エドウィン・エスコバー投手の快速球の原点に迫った。

160キロの原点となった砂浜ランニング



笑顔のエドウィン・エスコバー(横浜DeNAベイスターズ)

 父のホセ氏を始め、一族から多くのメジャーリーガーを輩出しているベネズエラの野球エリートの家庭に生まれたエスコバー。一族の中には昨年メジャーデビューを飾り、ナ・リーグ新人王にも輝いたロナルド・アクーニャJr.もいるというのだから驚きである。

 そんな野球一家で育ったエスコバーは、当然のように野球を始め、17歳だった2009年にマイナーからプロのキャリアをスタートさせた。やはり当時から球は速かったのだろうか。

「プロに入る前、小さいころはスピードガンがなかったので正確なスピードはわかりませんが、プロに入ってから速くなりました。プロ入りした頃は91,92マイル(146~148キロ)くらいで、150キロは出ていなかったですね。

 メジャーで投げていたころは94,95マイル(151~153キロ)くらいでしたが、ここ数年でそれが安定して出るようになりました。さらに去年くらいから155キロ以上が出るようになり、今年に入ってからさらに速くなって、MAX160キロが出るようになりましたね。」

 今でこそ圧倒的な速球で並みいる打者たちをねじ伏せているエスコバーだが、その基礎を作り上げたものとは何だったのだろうか。

「僕は高校生の年代の頃は、ランニングを一番多く行っていました。海が近い街に住んでいたので、砂浜を走っていましたね。短距離・長距離両方です。

 まずは5分間ほどアップで軽く走って、ダッシュや、アジリティ(瞬発)系のトレーニングをやるんです。タイヤを引っ張るトレーニングもしましたね。あとは、ウェイトトレーニングをやっていました。これらのトレーニングで下半身が鍛えられました。

 もし今、その年代に戻れるとしたら同じトレーニングをすると思いますし、日本の高校球児のみなさんにもオススメしたいです。近くに海や砂浜がない場合は、階段ダッシュが良いと思います。僕はこの球場(横浜スタジアム)の階段をダッシュするのが好きで、よく走っています。下半身強化につながりますので。」

 横浜スタジアムの階段を走る…といえば、浮かんでくるのは「ハマの番長」こと三浦大輔投手コーチだろう。現役時代はとにかくランニングをしている映像を目にすることが多かった投手だ。タイプが違う投手ではあるが、往年の名投手と、NPB最速左腕が取り入れているトレーニングだけに説得力がある。

「速い球を投げるためには、メンタル面ではとにかく速い球を投げたいという気持ちが大事。テクニカル面では、自分の身体に合ったフォームで投げ、腕をしっかり振ることです。
 やっぱり人によってフォームが合う、合わないはあります。しかし、その人に合ったフォームというのが必ずあるので、自分に一番合ったフォームを探すことが大事ですね。」

【次のページ】 プレッシャーを意識し過ぎず、一球一球に集中する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

エドウィン・エスコバー
エドウィン・エスコバー(えどうぃん・えすこばー)
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:188センチ102キロ
  •  
【関連記事】
第1053回 彗星のごとく現れたカリビアンスラッガーのルーツ ネフタリ・ソト(横浜DeNAベイスターズ) 【2019年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー