第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く2019年08月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

  8月30日から開幕した侍ジャパンU-18代表。第1戦のスペイン戦は7回まで0対2の2点ビハインドだったが、8回裏に4点を入れて見事に逆転勝利を決めた。高校野球ドットコムでは本日から試合のキーマンとなったプレイヤーを紹介。今回は、スペイン戦で会心の逆転打を放った遠藤 成に迫っていく。



遠藤成(東海大相模)

 初戦となったのスペイン戦に、5番レフトで先発出場した遠藤は、8回裏に2対2の同点に追いついた場面で、二死死一、二塁から左中間への2点タイムリーツーベースを放って勝ち越しに成功した。

 遠藤は試合後、「厳しい試合だったが、最後まで気持ちを切らさずにできました。初戦から苦しかったので、この1本で日本を勝たせてやろうと思いました」と話し、会心の逆転打に思わず笑みがこぼれた。

 また遠藤は、打撃フォームの修正が殊勲打に繋がったことも明かした。

 「侍ジャパンの練習が始まる前から、タイミングの取り方を少し変えてボールを見やすいようにしました。すり足まではいきませんが、右足を上げ過ぎずに、左足の軸を作って体が前に出過ぎないように意識しました」



スペイン代表選手と握手を交わす遠藤成(東海大相模)

 このような打撃フォームの修正を行ったのには、海外の「動くボール」に対応していくという明確な意図があったためだ。足の上げ方を低くして、ボールを見やすくすることで、「動くボール」や「不規則な回転のボール」にもしっかりと対応していこうと考えたのだ。

 「まだまだ調整できるところがあるかなと思うので、次の試合までに考えたいと思います。
二打席目では、タイミングが合わずにサードフライになったんですが、初球からでもしっかり振れるような準備がまだ出来てないと思います。初球を仕留めれるような準備を、明日はしていきたいと思います」

 一躍ヒーローとなった遠藤だが、浮かれた様子は一切見せずに視線は常に先を向いている。
 異国の地で試行錯誤を繰り返す遠藤の、さらなる活躍に注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

遠藤成(東海大相模)
遠藤 成(えんどう・じょう)
  • 東海大相模
  • ポジション:投手、遊撃手、外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:178センチ82キロ
  •  
【関連記事】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs侍ジャパン大学代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs駒澤大(第2試合)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
遠藤 成(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー