目次

[1]ミズノ社内でも抜きん出るグラブ製作チーム
[2]理想を形にする精神がミズノプロを支える

 プロ野球をはじめ、高校野球など多くの年代層から人気のミズノプロ。2019年に30周年を迎え、1つの節目となったことを記念し、特別企画でミズノプロに携わったグラブ企画の担当者にインタビューし、当時の話やその時の思いについて語っていただいた。

 今回は、久保田憲史執行役員、寺下正記次長の後を継いだ柳舘宗春さんにお話を伺った。

~ミズノプロ30周年・グローバルエリート10周年記念特集~
第1弾…3Dテクノロジーの先駆けとなったミズノプロ グラブが誕生するまで 久保田憲史執行役員
第2弾…3Dから4Dテクノロジーへ。進化を遂げたミズノプロ 寺下正記次長
第3弾…「自分の手のようにグラブを動かしたい」イチローのニーズは全プレイヤーのニーズ 柳舘宗春さん
第4弾…進化のカギは「旧シリーズを超えろ」。スピードドライブテクノロジー開発秘話 石塚裕昭さん
第5弾…野球界の進化に比例してミズノプロも進化を続ける 須藤竜史さん
第6弾…ミズノプロに並ぶ、2大ブランドとなる宿命を背負うグローバルエリート

ミズノ社内でも抜きん出るグラブ製作チーム


 柳舘さんがグラブ企画に携わるようになったのは2006年から。企画担当に異動する前からグラブの仕入れの数を調整する部署に所属していたこともあり、前任の寺下正記さんと話をする機会は何度かあった。また波賀工場の方と企画担当者が話し合う姿も見ていた。

 柳舘さんはその時の様子を振り返ると、「『こんなの出来るか!』と担当者と工場の人が言い争いをしているんです。けどそれはお互いに良いものを作りたいと思ってのことなので、『熱い人たちだなぁ』と感じていました」と少し笑顔をこぼしながら懐かしそうに語った。

 そしてグラブ企画として本格的に始動すると、グラブチームの完成度の高さに驚かされたことを柳舘さんは話す。
 「当時入社7年目の私がグラブの企画担当として3年間携われたのは、それまでの波賀工場の技術や実績などの積み重ねがあったからだと思っています。それくらいグラブの製作チームはミズノ社内でも抜きん出ていましたし、今の立場で見ても凄いと思っています」

 出来ることはしっかりと完成させ、お客様が使用するうえで品質リスクがあることはしっかり回避する。そしてやりたいことに対してのアイディアも豊富に持ち合わせる。そんなグラブ製作チームのレベルの高さに、柳舘さんは凄さを感じている。



柳舘宗春さん

 では柳舘さんは、波賀工場を含めたチームとどんなミズノプロを作ったかというと、2009年より販売スタートとなったバイオソウルテクノロジーである。

 このグラブは『自分の手のようにグラブを動かしたい』というコンセプトの下、手の動きにグラブがついてこられるように力の伝わり方を計測。そのデータに基づいて、力がかかる部分には内側に充て革を張ることで力を伝えることを可能にした。

 「爪があるからモノを掴めると同じように、力を伝えるときはその部分が硬くなければ伝えることができないです。そこでグラブの内側に剛性を出すようにしました」

 しかし、コンセプトである『自分の手のようにグラブを動かしたい』というのは、ミズノのブランドアンバサダーであり、日本が世界に誇る守備の名手・イチローの言葉だったのだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。