第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」2019年08月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]石川大会のピッチングはまだ5割程度の出来
[2]まだ不安だけど、やれることはすべてやって出し切りたい

 第101回大会が開幕。今大会注目の大型投手・奥川 恭伸星稜)。石川大会では最速158キロを計測するなど、優勝に貢献。早くも大会2日目の登場に沸いている。そんな奥川にここまでの調整状況や大会にかける意気込みを伺った。

石川大会のピッチングはまだ5割程度の出来



東海大相模との練習試合での奥川恭伸(星稜)

―― 本番も近づいてきています。

奥川 恭伸投手(以下、奥川) 練習での投球と試合での投球では、大きく変わってくるので、なんともいえない感じです。

――石川大会のピッチングを見て気になったのは後半でも150キロ台のストレートを投げ込んでねじ伏せる投球が印象的でした。

奥川 接戦が多くて、試合展開として、後半で頑張らないといけないゲームが多かったので。暑かったですけど、やるしかなかった試合展開でした。

――150キロをたびたび計測しているように、6月〜7月にかけて自分自身、出力が高まっていることを実感していますか?

奥川 多少は意識しています。球速、球威、投球内容など、周りの人に成長したといわれるほどではないと、成長したといえないので。そうやっていってもらえるように頑張っています。

――ではスピードアップの要因として技術的に変えたことはあったのでしょうか?

奥川 感覚的にはあまり変わらないですね。感覚はその日によって変わる感じですね。石川大会は一番良い時と比べれば、5割ほどの内容で、ベストの時と比べると全然まだまだです。
 高校野球はこれで最後ですけど、上で野球を続けたいと思っているので、徐々にもっとレベルアップをしていきたいです。

――そして8月4日には石川大会後、初めてとなるブルペン入りとなりましたが、投げてみての実感はいかがでしょうか?

奥川 まだまだで、0からのスタートという感じです。しっかりと焦らずに投げていきたいですね。

――ブルペンではどういうテーマをもって投げましたか?

奥川 久しぶりのブルペンなので、立ち投げが中心でバランスを崩れていないか、それをテーマにして投げました。

――球数よりもバランスと。

奥川 久しぶりなので、疲れはないですが、投げてみて課題は多くありました。正直、フォームがバラバラなので、1つずつやっていきたいと思います。

――その課題は石川大会からですか?

奥川 大会中もベストが100だとしたら、100まではいっていないですし、自分でもよい調子だと思わないですね。準決勝、決勝は連投して、7月までノースロー調整だったので、そこからちょっとずつ上げていきます。

【次のページ】 まだ不安だけど、やれることはすべてやって出し切りたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

奥川 恭伸(星稜)
奥川 恭伸(おくがわ・やすのぶ)
  • 星稜
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:183センチ84キロ
  •  
【関連記事】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第1036回 奥川恭伸と歩み、ともに成長を続けた捕手人生。これからも確かな実力をつけて球界を代表する捕手へ 山瀬慎之助(星稜) 【2019年インタビュー】
第229回 奥川恭伸の完成形は菅野智之か?ある課題を乗り越えれば、毎年沢村賞を狙える投手だ!【ドラフト特集コラム】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1050回 「奥川の持ち味を引き出すことに関しては誰にも負けない」 奥川快投の裏には必ず山瀬慎之助(星稜)がいる 【2019年インタビュー】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
侍ジャパンU-18日本代表vsカナダ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー