第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り2019年09月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]最後まで諦めないのがWASEDA
[2]プロ入りへ向けラストアピール

 15年夏に全国4強まで勝ち上がった早稲田実業(東京)で、4番として活躍した加藤 雅樹選手。4年後の現在も早稲田大で4番を務めるなど右打ちの強打者としてチームを引っ張っている。そんな加藤選手に大学でのプレーについて振り返ってもらった。



早大加藤の高校時代からの進歩【前編】

最後まで諦めないのがWASEDA



ガッツポーズをする加藤 雅樹(早稲田大学)

 今春は、自己最多のシーズン19安打で打率.396をマーク。ホームランも3本を放った。「明大との1回戦で9回に2ランを打った打席では、3ボール1ストライクからインコース寄りの速い真っすぐをスタンドまで持っていけたのですが、これまでなら力んで捉えられなかったボールだったので、自分の成長を感じることができました。ホームランは狙っているわけではありませんが、長打を打てるところが自分の長所でもあるので『もっと打ちたい』という気持ちがありますし、長所であることを証明できるのはホームランですから、自然と出るようにしていきたいですね。」

 ただ、首位打者のタイトルはわずか4厘差で惜しくも逃してしまった。「(最終週の)慶大との1回戦で3打席ともセカンドゴロに打ち取られてしまったのですが、対応力と実力のなさを痛感しました。ああいうバッティングをしているようでは首位打者を取ることなんてできないと思いますし、選手としてもっと上のレベルへ行けるように打席での内容を良くしていきたいです。」

 また、今春はチームも勝ち点3の3位と納得できる順位ではなかった。「小宮山(悟)監督から『一球入魂』という言葉をよく言われていて、『最後まで諦めないのがWASEDAだ』と一球への集中力を求められていましたが、全体として甘さがありました」。そして、加藤選手は今季から主将を務めているが、「理想のチーム像にはまだ至っていないので、チームのためにもっと厳しく声を掛けていかなければいけないと感じています。正直、怒るのは難しいですし、勇気もいりますが、きちんと言うべきことは言っていきたいです」と、リーダーシップを強めていく意向だ。

 今秋にはドラフト会議を控えるが、「中学生の時に『早大を卒業してプロへ行く』と心に決めて、ずっとプレーしてきました。いよいよその時が近づいてきているので、ドラフトで名前が呼ばれるように活躍したいです」と話す加藤選手。セールスポイントは長打と肩だ。「短所をなくして平均点の選手になるよりも、長所を伸ばして誰よりも突き抜けている特長を一つでも作った方が良いと考えています。そして、自分の長所といえば長打力と肩。肩に関して言えば、ライトから三塁への送球などで走者をアウトにすると自分たちに流れが来るので、これからの課題にしていきたいです。」そう話す一方で「ポジションは監督が決めるもの」としながらも、高校時代に守っていた捕手に対しては「キャッチャーというポジションは好きなので、『もう一回、やれ』と言われれば、やります」と意欲的だ。

プロ入りへ向けラストアピール



インタビューを受ける加藤 雅樹(早稲田大学)

 そして、かつて同じチームでプレーし、一足先にプロ入りを果たした清宮 幸太郎選手からは刺激を受けているようだ。「清宮はもう一軍の試合に出ていますから気にかけていますし、ホームランを打った時なんかは、自分も『もっと頑張らなきゃ』と励みにしています。でも、あの清宮ですらプロでは苦労しているところがあるので『厳しい世界だな』と思いますし、『自分はもっと上を目指さなきゃ』とモチベーションを上げてもらっています」。

 ちなみに、高校卒業時はプロ志望届を提出しておらず、「あの時は葛藤もありましたが、今となっては『早大に来て良かったな』と感じています。高校では4割、5割を打って、当たり前なところがありましたが、大学は3割を打つのもたいへんで『野球は甘くない』と教わりました。バットについても、高校は金属バットでしたから角度さえ付けば打球が飛ぶので力いっぱい振るだけ。でも、大学は木製バットなのでちょっとでも芯をはずすと飛びませんから、逆にバットの重みを感じながら、しなりを使ってスイングする感覚に慣れることができました。それに好投手の速球や変化球も体感しましたし、そういった野球の難しさを知ってからプロに入るのと、まったく知らずに入るのでは結果も違ってくるのではないかと思っています」と、大学で多くを学んだようだ。

 9月には早稲田大でのラストシーズンとなる秋季リーグが始まるが「プロ入りに向けて最後のアピールの場になるので全打席で自分のバッティングをし、打点にこだわって15打点を挙げたい」と加藤選手。さらに、「秋は絶対に優勝したい。そのためにキャプテンとしてひと皮むけて、チームを良い方向へ導いていきたい」と決意を語った。
「もっと力強さを出せると思っているので、スイング力を付けるためにも振り込んでいきたい」と、現在もバットを振り続けている加藤選手。チームと自分自身の大願を成就させるため、ラストスパートをかける。

取材=大平 明

早大加藤の高校時代からの進歩【前編】


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

加藤雅樹(早稲田大)
加藤 雅樹(かとう・まさき)
  • 早稲田大
  • ポジション:外野手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:
  •  
【関連記事】
第1027回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在 【2019年インタビュー】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第27回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【投手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第95回 早稲田大学編「大学野球の栄華を極めた、2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第942回 高校通算31本を支えるのは確かな準備!生沼弥真人(早稲田実業)が見据えるもの 【2019年インタビュー】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー