第1027回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在2019年08月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]故障を乗り越え首位打者を獲得
[2]一心不乱にフォームを改善

 15年夏に全国4強まで勝ち上がった早稲田実業(東京)で、4番として活躍した加藤 雅樹選手。4年後の現在も早稲田大で4番を務めるなど右打ちの強打者としてチームを引っ張っているが、その加藤選手に大学でのプレーについて振り返ってもらった。



故障を乗り越え首位打者を獲得



高校時代の加藤 雅樹

 高校時代は2学年下の清宮 幸太郎(日本ハム)とクリーンナップを組み、3年夏の甲子園では3回戦の東海大甲府(山梨)戦でホームランを放つなど高校通算47本塁打のスラッガーとして名を馳せた加藤選手。大学は早稲田大に進学したが、入部した当初は「スピード感が違っていて、ピッチャーの投げるボールや打者の走るスピード。それから外野手からの送球さえも速く感じました」と戸惑いがあったという。それでも「最初はただがむしゃらにやっていたこともあって、何とかなりました」と、話すように1年春から主に代打としてリーグ戦7試合に出場。公式戦初安打も放った。

 しかし、「時間が経つにつれて結果が出なくなり、新人戦ではまったく打てませんでした」と、すぐに調子を落としてしまった。そんな状況のなか、得意の打撃を活かすために捕手から外野手へと守備位置をコンバートしてレギュラー獲りを狙っていた矢先に、左足太ももの裏側を肉離れ。しかも、「早く復帰したいと焦ってしまい、治りかけたところで再発させて逆に長引かせてしまいました」と、秋季シーズンを棒に振ってしまった。

 ただ、このリハビリ期間中にチューブを使ったトレーニングに励み、「特に尻周りを鍛えて大きくしました」という加藤選手。「なんとか良い成績を収めたい」と、悔しい気持ちをぶつけた2年春のシーズンでは打率.375で見事に首位打者を獲得し、4本塁打を記録した。「たまたまな部分もありましたが、あの頃は思い切りが良かったですね。それからバッティングフォームも変えていて、高校生の頃は筋力も少なかったので重心を前に動かしながら打っていたのですが、大学だとその打ち方では差し込まれてしまうんです。だから、軸足になる左足に体重を残して打つことを大切にしていたのですが、2年生の頃は下半身もどっしりしてきていたので結果も残せたのだと思います」と、故障中の地道な努力が実を結んだ形となった。

【次のページ】 一心不乱にフォームを改善

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

加藤雅樹(早稲田大)
加藤 雅樹(かとう・まさき)
  • 早稲田大
  • ポジション:外野手
  • タイプ:左投左打
  • 身長体重:
  •  
【関連記事】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
早稲田実業vs九州国際大付【第97回全国高等学校野球選手権大会】
早稲田実業vs東海大甲府【第97回全国高等学校野球選手権大会】
早稲田実業vs広島新庄【第97回全国高等学校野球選手権大会】
早稲田実業vs東海大菅生【東京都 2015年夏の大会 第97回選手権西東京大会】
早稲田実業vs八王子【東京都 2015年夏の大会 第97回選手権西東京大会】
第53回 早稲田大学 後藤 貴司選手 【2010年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー