目次

[1]目標はプロでの兄弟バッテリー!
[2]高校でスタートした捕手人生

 強肩強打の司令塔として名門・智辯和歌山を牽引する東妻 純平

 8強入りを果たした今春のセンバツ大会初戦では甲子園初本塁打をマーク。長打も打てる捕手としてプロの評価をさらに上げた。夏の和歌山大会開幕が迫った6月下旬、和歌山県和歌山市に位置する野球部グラウンドを訪問。今日までの歩み、高校ラストサマーに向けての意気込みを聞いた。

目標はプロでの兄弟バッテリー!



東妻純平(智辯和歌山)

 「お兄ちゃんとは普段はそんなにマメに連絡を取り合う仲ではないのですが、正月などに実家で会った時などはがっつりと話しますね」

 東妻 純平の兄は最速155キロを誇るロッテのルーキー・東妻 勇輔投手。智辯和歌山、日体大を経てプロ入りを果たした5歳上の兄を語る17歳のリラックスした笑顔が印象的だ。

 「自分もプロ志望。いつの日かプロでお兄ちゃんとバッテリーを組むのが目標です」

 生まれつき「筋肉質なんです」と東妻。
 高校入学時に171センチ70キロだったボディは2年強の年月を経て、さらに筋量が増し、現在は172センチ76キロに。50メートルタイムは6秒3。バネを感じさせる質のいい筋肉の持ち主であることがユニフォーム越しでも伝わってくる。

 なにかの名鑑で目にした兄・勇輔さんのボディサイズを思い出し「たしかお兄さんも172センチですよね?」と向けると東妻は少し勝ち誇ったような表情でささやくように言った。

 「実はぼくの方がちょっとだけ大きいんです。お兄ちゃんを抜いちゃいました。体重は全然負けてますけどね」

 和歌山県和歌山市で生まれ育った東妻。軟式少年野球チーム「紀伊少年野球クラブ」に入団したのは小1の時だった。

 「お兄ちゃんも在籍していたチームだったので。当然の成り行きで自分も後を追いました」。

 ポジションはショート兼投手。肩の強さは同学年の中でずば抜けていた。

 「肩には自信にありましたね。軟式球で遠投の記録をはかった記憶はないのですが、小6の時に学校の体育のソフトボール投げをした際に測定ラインがひかれていないところを超え、運動場の隣にあるプールに届いてしまって。距離はおそらく70メートル以上。軟式球だったらおそらく85メートル程度は投げられたと思います」