目次

[1]1年春の埼玉大会から鮮烈なデビュー!
[2]バッティングフォームの改造に着手

 一昨年の夏に全国制覇を成し遂げた花咲徳栄(埼玉)で2年生ながら4番を任され、今春の埼玉大会で55得点(4試合)を挙げた超強力打線の中軸を担っている井上 朋也選手。右打ちの大砲として実績を積みながら、今後の飛躍も大きく期待されている井上選手にお話を伺った。

1年春の埼玉大会から鮮烈なデビュー!


 小学2年生の冬に畷ファイターズで野球を始めた井上選手。「自分が通っていた学校のグラウンドで活動しているのを見て、興味を持ったのがきっかけでした。小学生の頃は主にキャッチャーを守っていて、たまにピッチャーやショートをやることもありましたね」

 中学では生駒ボーイズに所属。外野手にコンバートされ、3年時は春夏ともに全国大会出場を果たし、8月のジャイアンツカップではベスト16に進出。さらに、2017世界少年野球大会では日本代表の一員に選ばれており、「ケガの影響もあって、ほとんど試合には出られなかった」と本人は悔いを残しているが、そのパワフルな打撃は魅力十分だった。

 そして、高校は岩井隆監督と生駒ボーイズの監督が同じ東北福祉大の出身という縁もあって花咲徳栄に進学。入部した当初は「9番打者まで全員が打つチームだったので、『みんなに負けないように頑張らなければいけない』と感じましたし、『気を抜いたら置いていかれてしまう』と思っていました」と振り返る。

 ただ、その言葉とはうらはらに1年春の埼玉大会からいきなりライトのレギュラーポジションを獲得して先発出場。準決勝のふじみ野戦では「高校に入ってから一番の当たりだった」という一発を放つなど、この大会で2本塁打を記録する鮮烈なデビューを飾り、井上自身も結果が出せて「ホッとした」という。その後も5月の関東大会では専大松戸(千葉)戦でライトへ逆転の呼び水となる2ラン。7月に横浜(神奈川)と行った練習試合では今秋のドラフト上位候補と目される及川 雅貴からレフトへ特大弾を放つなど、スーパー1年生の名をほしいままにした。

 もちろん、その裏側では地道な努力があったのだが、なかでも大きな効果をもたらしたのは2学年先輩で甲子園4本塁打のスラッガー・野村 佑希(日本ハム)のアドバイスだった。「中学から高校になってピッチャーのレベルが高くなり、速い真っすぐや鋭い変化球を簡単に打つことができず、対応に苦労しました。特にアウトコースのストレートは苦手にしていて振り遅れてしまうことがあったので、野村さんに外角の打ち方やタイミングの取り方をマンツーマンで指導していただいたんです。全体練習が終わったあとの自主練習の時間を使って夜まで振り込んでいたのですが、そのおかげで打率もかなり良くなったと思います」