第1017回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄)2019年07月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

長打の秘訣は「乗せて・運ぶ」



ティー打撃を行う木村優介(広島新庄)

―― 「4番」としての打撃について聴かせてください。ホームランなどの映像を見るとリストの強さに目を見張るものがありますが、これは自分が元々備えていたものなのですか?

木村優介(以下、木村) はい。リストは確かに強いと思います。ですからスイングのイメージはトップから「ポイントだけ力を入れて、乗せて、運ぶ」イメージ。リストが強いこことで力を入れなくてもボールは飛んでくれるので、ポイントまではなるべくリラックスして運ぶようにしています。

―― その打ち方にたどり着いた要因は?

木村 これは今でもやっていますが、ポイントを前にして弾くティー打撃をしていたんですが、すると1年生の夏休みにホームランを10本ほど打つことができて……。ここでコツをつかみました。

―― では「捕手」として取り組んでいることも教えてください。

木村 公二塁送球はタイムは今1秒9・小さいころから地肩には自信があるので塁間で低いボールを投げることを意識しています。それに加えてキャッチボールから脚を使い、持ち替えとステップを。あとはキャッチングで投手の状態が変わるので、今はその部分を意識して取り組んでいます。

―― エースの桑田(孝志郎・3年)投手をはじめとするリードの部分で考えていることはありますか?

木村 桑田は140キロ後半のストレートを持っているので、そこを活かしながらいかに少ない球数で試合を作れるかがポイントです。秋・春は甘いボールを打たれているので、インコースなどコースを突きながらリードしていきたいです。

「悔しさ」を糧にみんなで甲子園に行く



記念碑の前に立つ木村優介(広島新庄)

―― そして迎える最後の夏。木村選手が考える勝利のかぎは?

木村優介(以下、木村) どのようにしてつないで点を取るか。僕らは昨年暑い中、決勝戦まで行った広島大会の経験もあるので、桑田が点を取られることは仕方ないと考えて打線でサポートしたい。疲労もたまると思うので身体のケアはしていきたいですね。

 僕は1年の夏もチャンスでの代打で三振して先輩たちに迷惑をかけて、昨年の決勝戦でも小中学校で一緒にプレーしていた親友・広陵藤井 孝太(3年)にサヨナラヒットを打たれてしまった。その悔しさは今でも忘れていませんし、最後の夏は広陵だけでなく目の前の相手を倒して甲子園に行きたいです。自分としてはケアをしっかりすることを前提に、もっと打率を上げていきたいです。

―― そこで最終的に広島新庄を支えるものは。

木村 「守備」です。投手がよくても守備がよくなくては投手が「打たせて取る」こともできない。それができるのがチームの強みです。

―― 木村捕手の「野球選手の夢」も教えてください。

木村 侍ジャパンへのあこがれはありますし、夢はプロ野球選手。そして僕のひいおじいさんは以前、広島東洋カープで捕手をしていた門前真佐人さんなんです。
 僕は門前さんにお会いしたことはないんですが、写真も見てもがっしりした体形ですし、会沢 翼さんが昨年更新するまでは広島東洋カープの捕手ホームラン記録も持っていた方。そんな「打てる捕手」になりたいです。

―― では、最後に「第101回全国高等学校野球選手権広島大会」への力強い意気込みをお願いします。

木村 この2年間は悔しい想いをして先輩たちの涙も見てきたので、最後は笑って甲子園に行きたいです!

―― 今回は夏を前にした貴重なお話、ありがとうございました。

木村 ありがとうございました!

文=寺下 友徳

関連記事はこちらから
第101回全国高等学校野球選手権広島大会の組み合わせ
【広島大会展望】広陵、広島新庄の2軸が中心!如水館、市立呉は躍進なるか?
広島新庄の戦歴をチェック!
ドラフト候補の西純矢の弟・西凌矢が広島ボーイズで活躍中!高校野球へ意気込みを語る!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木村優介(広島新庄)
木村 優介(きむら・ゆうすけ)
  • 広島県広島市出身
  • 広島ボーイズ-広島新庄
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ83キロ
  •  
【関連記事】
第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名【大会展望・総括コラム】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 チーム打率.382、20本塁打の強力天理打線を封じた秋田駿樹(広島新庄) 迫田前監督の教えを胸に躍動!【高校野球コラム】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第431回 広島新庄高等学校 堀瑞輝選手 「強心臓を支えた自慢のスライダー」  【2016年インタビュー】
木村 優介(広島新庄) 【選手名鑑】
木村 優介(高岡第一) 【選手名鑑】
桑田 孝志郎(広島新庄) 【選手名鑑】
広島新庄 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー