目次

[1]霞ヶ浦伝統の基本動作で球質に変化が出る
[2]1年秋の関東大会はほろ苦い結果に

 今季2年目ながら一軍デビューを果たし、中継投手として活躍を見せる遠藤 淳志(広島)をプロへ送り出した霞ヶ浦。そこで今季、注目を浴びているのが鈴木 寛人投手だ。

霞ヶ浦伝統の基本動作で球質に変化が出る


 小学2年生の時、3歳上の兄の影響で野球を始めた鈴木投手。中学からは筑西田宮ボーイズに入団。監督のすすめで中1から本格的に投手を務めることになり、中3時はエースとして関東大会にも出場した。

 「ピッチャーは主役とも言えるポジションですから憧れていました。走り込みの練習は増えましたが、バッターから空振りを奪えると嬉しかったので、続けていきたいなと思っていました」

 高校は茨城県内の強豪・霞ヶ浦に進むこととなったが、「入部した頃は投手陣のレベルが高くて、『自分も頑張らないと、どんどん置いていかれてしまう』と感じました」と振り返る。

 その言葉の通り、当時は2学年上に今季、広島で一軍デビューも果たした遠藤投手が在籍しており、「(遠藤さんから)フォームを直接、教えていただきました」というが、その教えてもらったことというのが霞ヶ浦に伝わる「立ち」「うねり」「はがし」「受け」の動きである。

 「自分は右投げなので『立ち』は左足を上げた時にバランスをとって、しっかりと立つこと。『うねり』は体重移動をしていく際に、体をスムーズに動かすこと。『はがし』はグローブを付けている左腕の使い方で、肩甲骨からかぶせるように動かすことで体が前へ突っ込まないようにします。最後の『受け』は踏み出した左足の股関節に重心をのせることで、投げ終わった後もしっかりと左足一本で立つようにしています。

 このフォームを試合中は意識しないでもできるように1年中、いつでも練習しているのですが、自分は長さが30cmくらいの細い棒を振ってシャドウピッチングをすることで身に付けさせています」

 この動きを体得するには数ヶ月の時間がかかったという。
「1年生の5月くらいに教えてもらってから、だんだん感覚がつかめるようになり、自分でも『できるようになってきたな』と思えた頃には、もう秋になっていました。でも、このフォームのおかげでボールに勢いが付くようになりましたし、コントロールも安定してきました」

  • 卒業生
  • ポジション
    投打