第1016回 静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】2019年07月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【紅林弘太郎のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]一番いい打球は左中間をライナーで破っていく打球
[2]1年から試合に出るつもりで行っていた

 静岡県の中心街にある、県立高校の駿河総合。総合学科の学校なのでさまざまな生徒たちが集まってきている。比較的部活動は盛んだが、一般的な公立校であることに変わりはない。そんな駿河総合野球部の選手がU-18日本代表候補の内野手として選出されて話題になっている。プロ野球のスカウトたちもその将来性には期待をしているという逸材である。「紅林 弘太郎」という、まるでアクション劇画の主人公みたいな名前だが、そんなところにも彼のスター性が潜んでいるといっていいのかもしれない。
 そんな、紅林選手に、いろいろ今の気持ちや将来への思いを聞いてみた。

一番いい打球は左中間をライナーで破っていく打球



キャッチボールをする紅林弘太郎(駿河総合)

 この日は、プロのスカウトも練習を見に訪れていたので、いつもよりも気負いもあったようだ。シート打撃を終えた後、ネット裏に訪れてくれた。

―― シート打撃はどうでしたか、ちょっと引っ掛け気味だった?

紅林弘太郎(以下、紅林) 全然ダメでした。

―― いっぱい(スカウトの)人が来ていて、ちょっと意識してしまったところもあったのかな。

紅林 あ、はい、力んで引っ掛けてしまっていました。自分にとって、一番いい打球というのは、左中間をライナーで破っていく打球だと思っています。それが、今日は出せませんでした。

―― タイプとしてはどんなタイプの打者だと思っていますか。

紅林 ホームランバッターというよりは、中距離ヒッターだと思っています。

―― 野球はいつぐらいから、本格的に始めたのですか。

紅林 小学校の2年生からです。少年(学童)野球チームの軟式です。「青島ホークス」というところで、ポジションとしては投手と捕手をやっていました。

―― それは、自分で希望して?

紅林 いえ、チームの監督さんからそう言われて…です。本当は、自分はショートをやりたかったんですが…。

―― 中学では、どこをやっていた?

紅林 ショートをやりたくて希望しました。最初は、中学生になったら硬式のクラブチームに入ろうと思ったんですよ。それで練習会に行ってみたら、捕手をやらされそうだったので、(入るのを)辞めました。それで、青島中学の野球部に入ってショートを希望しました。

関連記事はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 静岡大会の組み合わせは?!
古豪復活?!それとも新勢力台頭?!混迷極める静岡大会の展望を紹介!
駿河総合の戦歴をチェック!

【次のページ】 1年から試合に出るつもりで行っていた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

紅林弘太郎(駿河総合)
紅林 弘太郎(くればやし・こうたろう)
  • 駿河総合
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投げ右打ち
【関連記事】
第222回 2019年 石川昂弥や黒川史陽など地方大会でキラリと光ったドラフト候補の野手たち【ドラフト特集コラム】
駿河総合vs三島南【静岡県 2019年夏の大会 第101回選手権静岡大会】
第629回 静岡に新たな風を吹かせる!バッテリーを軸に一戦必勝で戦い抜く! 駿河総合(静岡)【後編】【野球部訪問】
第629回 総合学科の学校として新しい形の文武両道に挑む 駿河総合(静岡)【前編】【野球部訪問】
第1017回 高校代表合宿に参加して感じたトップ選手との差。高卒プロへ向けての課題  紅林弘太郎(駿河総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第932回 静岡商や浜松商の古豪復活か、それとも加藤学園など新勢力台頭か?!令和最初の静岡大会は混迷極める【静岡大会展望】【大会展望・総括コラム】
紅林 弘太郎(駿河総合) 【選手名鑑】
駿河総合 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー