第989回 静岡の公立校から生まれたU-18日本代表候補 紅林弘太郎(駿河総合)の歩み【前編】2019年07月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【紅林弘太郎のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]一番いい打球は左中間をライナーで破っていく打球
[2]1年から試合に出るつもりで行っていた

1年から試合に出るつもりで行っていた



バッティング練習をする紅林弘太郎(駿河総合)

 こうして、現在の遊撃手としての紅林君が誕生したということだ。当時は、1番打者となることが最も多かったという。50m走は6秒2という俊足である。ただ、「高校に来てみたら自分よりも足の速いヤツが結構いました」ということで、1番というよりもクリーンアップを打つようになっていったという。中学時代のチームの最高成績は県大会ベスト8だった。

 中学校の大会を終えると、その後には軟式野球部だった選手で高校野球をやりたいと希望する選手へ向けての硬式球を体験して練習できるところがあるので、そこにも参加していたという。そうこうするうちに、「青島中で遊撃手をやっていたいい選手がいる」ということが知られて、いくつか私学の有力校からも声がかかったようだ。それでも、「私学は(お金もかかるし、練習も)大変だなと思った」ということで、最初から公立校で野球を続けようという意志でもあった。そんな折に、駿河総合の望月監督から声がかかって、駿河総合に進むことを決めたという。

―― 実際に駿河総合に進学してみてどうでしたか。1年生の時から試合には出ていたようなんですが。

紅林 はい、最初から出るつもりで行っていましたから、戸惑いはありませんでした。それに、高校野球は先輩が怖いのかなと思っていたのですけれども、皆がとても親切でやさしくて、よくしてくれたので、やりやすかったです。

―― 先輩は優しく迎えてくれたんだ。怖いのは、監督だけだった?

紅林 いえ、監督も、見た目は怖そうなんですけれども(笑)、実はとてもやさしくて、いろいろ教えてくれます。それに、自由にやらせてもらえるので、とてもいいです。駿河総合でよかったと思っています。

―― つまり、駿河総合という環境は、紅林君にとっては、とてもいい環境で伸び伸びと野球がやれているということですね。

紅林 はい、そうです。(力強い返事)

―― 高校野球で、最初の頃は、やはり中学とは違うなというところは感じましたか。

紅林 それは、力の差とか、打球の強さとか、そういうのは感じました。東海大甲府とやった時なんかは、それをモロに感じました。だから、まだまだ自分はもっと(練習を積んで)やっていかないといけないなとも思いました。

―― それが、今の練習姿勢にもつながっているということ?

紅林 そうですね。身体づくりもそうですし、技術的なことも、もっと高めていかないといけないと思っています。それに、夏に戦えるだけの集中力も高めていかないといけないという気持ちでやっています。

【後編を読む】高校代表合宿に参加して感じたトップ選手との差。高卒プロへ向けての課題  紅林弘太郎(駿河総合)【後編】

文=馬場 遼

関連記事はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 静岡大会の組み合わせは?!
古豪復活?!それとも新勢力台頭?!混迷極める静岡大会の展望を紹介!
駿河総合の戦歴をチェック!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

紅林弘太郎(駿河総合)
紅林 弘太郎(くればやし・こうたろう)
  • 駿河総合
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投げ右打ち
【関連記事】
第222回 2019年 石川昂弥や黒川史陽など地方大会でキラリと光ったドラフト候補の野手たち【ドラフト特集コラム】
駿河総合vs三島南【静岡県 2019年夏の大会 第101回選手権静岡大会】
第629回 静岡に新たな風を吹かせる!バッテリーを軸に一戦必勝で戦い抜く! 駿河総合(静岡)【後編】【野球部訪問】
第629回 総合学科の学校として新しい形の文武両道に挑む 駿河総合(静岡)【前編】【野球部訪問】
第993回 高校代表合宿に参加して感じたトップ選手との差。高卒プロへ向けての課題  紅林弘太郎(駿河総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第932回 静岡商や浜松商の古豪復活か、それとも加藤学園など新勢力台頭か?!令和最初の静岡大会は混迷極める【静岡大会展望】【大会展望・総括コラム】
紅林 弘太郎(駿河総合) 【選手名鑑】
駿河総合 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー