目次

[1]一番いい打球は左中間をライナーで破っていく打球
[2]1年から試合に出るつもりで行っていた

1年から試合に出るつもりで行っていた



バッティング練習をする紅林弘太郎(駿河総合)

 こうして、現在の遊撃手としての紅林君が誕生したということだ。当時は、1番打者となることが最も多かったという。50m走は6秒2という俊足である。ただ、「高校に来てみたら自分よりも足の速いヤツが結構いました」ということで、1番というよりもクリーンアップを打つようになっていったという。中学時代のチームの最高成績は県大会ベスト8だった。

 中学校の大会を終えると、その後には軟式野球部だった選手で高校野球をやりたいと希望する選手へ向けての硬式球を体験して練習できるところがあるので、そこにも参加していたという。そうこうするうちに、「青島中で遊撃手をやっていたいい選手がいる」ということが知られて、いくつか私学の有力校からも声がかかったようだ。それでも、「私学は(お金もかかるし、練習も)大変だなと思った」ということで、最初から公立校で野球を続けようという意志でもあった。そんな折に、駿河総合の望月監督から声がかかって、駿河総合に進むことを決めたという。

―― 実際に駿河総合に進学してみてどうでしたか。1年生の時から試合には出ていたようなんですが。

紅林 はい、最初から出るつもりで行っていましたから、戸惑いはありませんでした。それに、高校野球は先輩が怖いのかなと思っていたのですけれども、皆がとても親切でやさしくて、よくしてくれたので、やりやすかったです。

―― 先輩は優しく迎えてくれたんだ。怖いのは、監督だけだった?

紅林 いえ、監督も、見た目は怖そうなんですけれども(笑)、実はとてもやさしくて、いろいろ教えてくれます。それに、自由にやらせてもらえるので、とてもいいです。駿河総合でよかったと思っています。

―― つまり、駿河総合という環境は、紅林君にとっては、とてもいい環境で伸び伸びと野球がやれているということですね。

紅林 はい、そうです。(力強い返事)

―― 高校野球で、最初の頃は、やはり中学とは違うなというところは感じましたか。

紅林 それは、力の差とか、打球の強さとか、そういうのは感じました。東海大甲府とやった時なんかは、それをモロに感じました。だから、まだまだ自分はもっと(練習を積んで)やっていかないといけないなとも思いました。

―― それが、今の練習姿勢にもつながっているということ?

紅林 そうですね。身体づくりもそうですし、技術的なことも、もっと高めていかないといけないと思っています。それに、夏に戦えるだけの集中力も高めていかないといけないという気持ちでやっています。

【後編を読む】高校代表合宿に参加して感じたトップ選手との差。高卒プロへ向けての課題  紅林弘太郎(駿河総合)【後編】

文=馬場 遼

関連記事はこちらから
第101回 全国高等学校野球選手権 静岡大会の組み合わせは?!
古豪復活?!それとも新勢力台頭?!混迷極める静岡大会の展望を紹介!
駿河総合の戦歴をチェック!

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。