目次

[1]「全国優勝」を果たすも、満足はしていない
[2]オフシーズンのトレーニング成果が表れた春

 根元俊一(元ロッテ)、阿部俊人(元楽天)、岡﨑 大輔(オリックス)とショートの好選手を次々とプロへ輩出している花咲徳栄(埼玉)。その栄えある背番号6を、現在、引き継いでいるのが鉄壁の守備とシュアな打撃でチームを引っ張る韮沢 雄也選手(3年)だ。

「全国優勝」を果たすも、満足はしていない


 中学時代から新潟シニアでジャイアンツカップに出場するなど実績を積み上げてきた韮澤選手。花咲徳栄に進学する決め手となったのは「プロになるのが目標なので、多くのプロ選手を育てている花咲徳栄ならば、自分も成長できると思ったから」だという。

 そして、入部直後の1年春からベンチ入りすると、同年夏には甲子園で出番がなかったとはいえ背番号16を付けて全国優勝を経験。「周囲のレベルが高くて、ついていくだけで精一杯だった」と振り返るが、清水 達也(中日)や野村 佑希(日本ハム)といった高校卒業から即プロ入りを果たした上級生たちを間近で見ることができたという。

 また、そんな偉大な先輩たちのなかでも一際大きな影響を受けたのは同じ左打ちの西川 愛也(西武)だった。
 「西川さんのバッティングフォームはかなり参考にさせてもらいましたし、いろいろとアドバイスもしていただきました。特に『軸足となる左足から右足へと重心を移す時は、ただ前方へ体を動かすわけではない』と教えてもらった重心の移動の仕方については、今も常に心掛けています」

 西川選手の直接指導もあって技術を上げていった韮澤選手は1年秋にショートのレギュラーポジションを掴むと、2年夏は甲子園に3番打者として出場。2回戦の横浜(神奈川)戦では高校四天王の一人に数えられるサウスポーの及川 雅貴投手からセンター前へヒットを放つなど、2試合で5打数2安打2打点と及第点の成績を残した。

ただ、本人は「昨年は先輩に連れて行ってもらっただけ」と満足しておらず、「甲子園でプレーして『楽しかったな。もう1回、ここに戻ってきたいな』と感じました」と、聖地への募る思いを新たにしたという。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。