目次

[1]土田の守備に大きな影響を与えた師匠は1学年上のショート
[2]土田が語る守備理論「捕球・持ち替え・送球・タッチ」の4項目を語る!


 近江のショート・土田 龍空。アクロバックな動きと天才的な反射神経を生かした守備を見た方々は誰もが絶賛し、高校生ナンバーワンショートと言う声もある。

 近江の多賀監督も「プロ入りした植田よりもセンスは上です。練習試合で対戦する監督さんからもセンスは素晴らしいという声をいただきます」と高く評価する。では、土田はいかにして現在の形を築き上げたのか。その興味深いルーツに迫っていきたい。

土田の守備に大きな影響を与えた師匠は1学年上のショート


 土田の野球人生の始まりは小学校低学年から。チームに入れる小学校2年生まで父親とのキャッチボールで野球に触れてきた。小学校時代のポジションはサードと捕手を兼任。中学では湖北ボーイズに進むと、中学1年の終わりまでセンターでプレー。中学2年から本格的にショートを始める。ショートは野球を始めた時から憧れてきたポジション。いざ始めるとショートの難しさを痛感する。

 「最初は難しくて、イレギュラーしたボールが顔面に当たったこともあり、ボールに対して恐怖感もありました」

 その恐怖感を克服して、上達するために取り組んだことは、動画サイトで憧れとする今宮 健太(ソフトバンク)、宮本慎也氏(元東京ヤクルト)など一流遊撃手の動画を見て研究を重ね、そして自宅で壁当てに取り組んで、守備を磨いた。遊撃手を始めて取り組んでから、今まで楽しく野球を取り組んでいたものから、深く考えるようになった。

 「動画サイトで、捕球法を説明しているものを見たら、実際に試してみて、合うものはならばどんどん練習して、自分のものにしたりしていました」

 また、湖北ボーイズには憧れのショートがいた。それが比叡山高校でショート・セカンドで活躍する荒木 相斗(あいと・3年)だ。



春季大会での土田龍空(近江)

 「荒木さんは本当に上手い人で、自分の憧れでした。あの人の守備を真似ようと思って取り組んできましたので、いつもノックでは荒木さんの後ろにいて学んでました。荒木さんがいたからこそ、今の自分があるといっても過言ではありません」

 自身で守備の研究を重ね、上達をしていく。その中で大事にしていた守備の基本が「足運び」だ。「それまで踵をべたっとつけていたのですが、ショートになってからつま先だけ着地して動くようになりました。捕球してからすぐにスピード感を持って動くために足運びの意識を変えたことは大きかったです」と振り返る。

 近江高校に行くきっかけは、両親、姉が近江高校出身だったこと。また、祖父も多賀監督と親交があったからだ。多賀監督は土田の入学を喜んだ。

 「嬉しかったですよ。湖北ボーイズは結構県外に進む事が多くて、土田は県外の強豪校から多く誘われている中で、うちを選んでくれました。それも土田のお祖父さんが私と親交があったり、いろいろな縁があって来ていただくことになりました。彼がきた時、五季連続で甲子園を狙える。それぐらいのチーム状態もありましたし、土田がいることでさらにその確率が高まると思いました」と絶賛する。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。