第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】2019年07月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【福重 圭誇投手のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]「全国レベル」を身をもって体験した春
[2]更なる高みを目指して

 前編では、野球を始めたきっかけや、尚志館に進学しチームの中心選手となるまでの成長に迫った。秋はベスト16止まりだったが、春の鹿児島大会はエース、3番打者として活躍し、4強入りしてセンバツ出場以来となる6年ぶりの九州大会にも出場した。「夢のままで終わらせずに、現実にしたい」と最後の夏にかける思いを語ってもらった。

前編はこちら!
ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】

「全国レベル」を身をもって体験した春



力投する福重 圭誇(尚志館)

 春の鹿児島大会は4強入りして九州大会を勝ち取ったが、準決勝・神村学園戦は中盤に大量失点し、後半追い上げるも及ばず。九州大会では初戦で福岡大大濠の2年生左腕・深浦 幹也を打てず、7回コールド負けだった。

 「今まで見たことがないスピードとキレがあって、手も足も出なかった」と、無安打に終わった試合を振り返る。初めて「県外のレベル、全国レベル」の野球がいかなるものか、身をもって体験できた。

 この春は打者だけでなく、投手としてもエース番号を背負い、チームの躍進に大きく貢献した。

 チームでは川﨑虎勇人(3年)、上之園慶真(3年)と3人でエース番号を争っていたが「ボールに一番力がある」(鮎川監督)福重が勝ち取った。

 打力を中心に攻撃力では県下トップクラスにあることは5月末のNHK旗で大島鹿児島玉龍樟南に勝って準優勝したことでも手応えをつかめた。

 夏を勝ち上がる上で大事になってくるのは投手を中心とした守備力の向上である。福重は初戦の大島戦、準決勝・樟南戦で先発、完投し期待に応えた。

【次のページ】 更なる高みを目指して

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

福重 圭誇(尚志館)
福重 圭誇(ふくしげ・けいご)
  • 尚志館
  • ポジション:投手
  • 身長:176センチ 体重:80キロ
【関連記事】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第4回 劇的な勝利に沸いた2試合 鹿児島ベストゲーム2019【鹿児島の高校野球】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
深浦 幹也(福岡大大濠) 【選手名鑑】
大島 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
都立大島海洋国際(派遣:都立狛江) 【高校別データ】
都立大島(派遣:都立東大和) 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー