第959回 偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代 中野波来(大阪桐蔭)【前編】2019年06月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【中野波来のプレーをギャラリーでチェック】

【目次】
[1]指導者の目が届かない環境で自分を磨き続けた
[2]自分のことよりもチームの目標である優勝できたことが嬉しかった

 6月17日から大阪桐蔭特集がスタート!17日連続で記事を掲載していきます。大阪大会夏3連覇を狙う大阪桐蔭の選手たち、OBたちを取材し、大阪桐蔭の魅力をたっぷり伝えていきます。まずは今年の大阪桐蔭ナインに迫っていきます。

 昨年、史上初二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭。そこで、最も甲子園に戻るに燃えている選手がいる。それが主将の中野 波来だ。打者としては5月末で高校通算13本塁打を放っている長打力に加え、外野手としては抜群の強肩を見せる強肩強打の外野手だ。
 タイプとして青柳 昴樹(横浜DeNA)のような選手と見れば、イメージがしやすいだろう。今春はセンバツ出場ができず、センバツ優勝旗を返還した。夏に甲子園出場を目指す中野の野球人生、夏にかける思いを聞いた。

指導者の目が届かない環境で自分を磨き続けた



大阪桐蔭の主将・中野波来

 兵庫県・淡路島出身の中野。野球は小学校1年生のときにはじめ、淡路島の岩屋フェニックスに入団し、投手と遊撃手を兼任。淡路島といえば、近本光司(阪神)、村西良太(近畿大・4年)、村上 頌樹(東洋大・3年)と錚々たる選手を輩出している地域だが、中野はもちろんそういう選手たちに憧れを持っていた。

 「淡路から地方へ出て活躍されるのを見て自分が憧れを持ったように、自分も憧れられる選手になりたいと思いました」

 小学校を卒業後は、明石ボーイズでプレー。船と電車を行き来しながら、1時間かけて通った。明石ボーイズでは投手、外野手を兼任。当時は投手の方に自信があり、中学時代は最速139キロを誇る速球派右腕として活躍を見せた中野がなぜ打者として大阪桐蔭に進むことになったのか。
 「タイガースカップで甲子園でプレーした時、結構打者として活躍したのを西谷先生が見てくださって、それを評価をしていただいたんです」

 こうして大阪桐蔭に進むこととなった中野。入寮して、早くも高校トップレベルの実力を誇る3年生と自分の差の違いを痛感する。
 「自分たちが入寮してすぐ日本一になられて、自分は中学レベルで見たら少し高い方だったと思うのですが、高校に入ってきてピッチングもバッティングも、自分の力の無さというのを一番に感じました」



打撃練習を行う中野波来(大阪桐蔭)

 最初は全くついていくことができず、Aチームのノックに入ることはごくわずか。
 「3学年でノックするときに、たまにやらせていただくのですが、本当にレベルが高かったです。なので、僕は雨天(練習場)で、隅の方で練習したりという感じでした」

 取材日の練習日でも新入生はノックのボール渡しや、雨天練習場で打撃、実戦練習で走者役を行っているのだが、中野はそういう環境下の中で、どうやって指導者へアピールしたのだろうか。
 「あまり指導者の目にかからないようなところだったので、各自の意識の差が出ると思うんです。見られてるからするんじゃなくて、見られていない時こそしっかりして、出番があるんだったらその一発でチャンスを掴もうという想いで、ずっとやっていました」

 そして新チームがスタートして、Aチームの練習に入り、練習試合に出場するようになる。中野は緊張の連続だった。
 「最初は技術どうこうと言うよりかは緊張して、練習試合でさえ緊張して、なかなかバットが振れなくて自分の力が出せないという状況が続いたのですが、重ねていくうちに緊張が無くなってきて、自分の力が出せてきたかなと思います」

 そして1年秋は大阪大会でベンチ入りを果たすが、近畿大会神宮大会ではベンチを外れた。

【次のページ】 自分のことよりもチームの目標である優勝できたことが嬉しかった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中野波来(大阪桐蔭)
中野 波来(なかの・はる)
  • 大阪桐蔭
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:175cm・81キロ
【関連記事】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
中野 波来(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
村上 頌樹(智辯学園) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大体大浪商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー