第950回 中学時代は実績0。叩き上げの強打者・谷村泰志(大産大附)が目指すのは「打点を稼げる4番」2019年06月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【谷村泰志(大産大附)のギャラリーをチェック】

【目次】
[1]持ち味の長打力を磨く事を考えた
[2]実戦形式の打撃練習から走者を返す打撃を追求してきた

 大阪産大附期待の左の強打者・谷村 泰志。175センチ75キロと筋肉質の体型から鋭い打球を飛ばし、取材日の練習でも豪快な本塁打を放った。4番に座る谷村は今春の大阪大会4回戦で履正社と対戦し、好左腕・清水 大成から二塁打を放つなど存在感を示している。そんな谷村のストーリー、長所である打撃について迫っていこう。

持ち味の長打力を磨く事を考えた



堂々とした表情の谷村泰志(大産大附)

 谷村は高校からメキメキと力をつけた叩き上げの打者である。葛城JFKボーイズは坂下 翔馬智辯学園)ら強豪校で活躍する同期に押され、試合出場がなかった。

「彼らとは大きな差を感じました」

 そして、2015年大阪大会ベスト4の主力だった兄・翔也(天理大)さんの影響を受け、大阪産大附進学を決めた谷村は何を売りするかと考えた時、「長打力」と考えた。
「僕は中学では試合に出場することができなかったのですが、その中でも最も自信があったのは、長打力でしたので、長打力を磨いて試合に出場することを考えました」

 そこで、谷村は打撃フォームをこだわり続けた。1日1日、同じフォームになることはない。その日の調子によってベストなフォームで打ってきた。たとえば取材日の練習では歩幅を広げて打っているのが気になった。その意図について谷村はこう語る。

「重心が浮いてしまったら、体が伸び上がって打ってしまうので、なるべく落とすようにしています」
 また元プロの田上監督からは強く振るようにアドバイスを受け、たとえ結果が伴わなくても強く振ることにこだわってきた。谷村は2年秋から4番打者を任されるまでに成長したが、思うような結果を残すことができず、最後の打者になった。

「最後の打者となって、チームに迷惑をかけてしまいましたし、チャンスで打てず、とても悔しい思いをしました」
 4番打者としてチームの勝利に貢献したい。その思いから谷村は秋の大会後から打撃練習の取り組みを変えた。

【次のページ】 実戦形式の打撃練習から走者を返す打撃を追求してきた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

谷村 泰志(大産大附)
谷村 泰志(たにむら・たいし)
  • 大阪産大附
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長:175センチ 体重:75キロ
【関連記事】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第630回 野球は格上に勝てるスポーツ だからこそ組織力と思考力が重要  大産大附【後編】【野球部訪問】
第629回 プロの世界を知っているからこそ日々の生活と明確な方針にこだわる 大産大附(大阪)【前編】【野球部訪問】
第951回 チーム一の野球センスを誇る平松 弘翔(大産大附)!夏ではキーマンにふさわしい活躍を! 【2019年インタビュー】
第466回 【春季大阪大会展望】選抜優勝の大阪桐蔭、準優勝の履正社もノーシードから!各ブロックの見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
谷村 泰志(大阪産大附) 【選手名鑑】
大阪産大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー