第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】2019年06月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【小松涼馬(帝京)のギャラリーをチェック】

【目次】
[1]結城海斗が絡んでいた帝京に進むきっかけ
[2]キューバ遠征は自分を大きく成長させてくれた

 今年の帝京は守備の帝京と呼ばれるが、その中で全国クラスの実力を持った野手がいる。それが2年生の小松 涼馬だ。172センチ72キロという体格ながら、ミートと長打を兼ね備えた打撃と、抜群の身体能力を生かした二塁守備は大きなセールスポイントとなっている。

 大阪・富田林シニアから入学し、1年夏からレギュラー入り。昨冬には1年生ながら東京代表に選ばれ、キューバ野球を経験した小松は2年春、3番セカンドとしてベスト8入りに貢献した。前田監督からも「プロ入りした先輩内野手と比べても、身体能力、勝負強さは遜色ない」と評価が高い。そんな小松の歩んできた野球人生に迫った。

結城海斗が絡んでいた帝京に進むきっかけ



春季東京都大会での小松涼馬(帝京)

 小松が野球に関わり始めたのは3歳から。本格的に野球を始めたのは幼稚園年長からと、幼少の時からボールに触れてきた。大伴(おおとも)フレンズでは部員が少ないということもあり、投手、捕手を兼任していた。そして富田林シニアでは2年生の時に全国大会を経験。大阪出身の小松がなぜ東京の名門・帝京に進むことになったのか。

 そのきっかけは高校に進まず、マイナーリーグで奮闘する速球派右腕・結城海斗(河南リトルシニア-ロイヤルズ)の存在だ。小松は結城と小学校の時から仲が良く、中学3年生のとき、ストレッチをメインとした野球教室に一緒に参加していた。多くの高校関係者が結城に注目する中、目をかけたのが帝京だったのだ。
 「もちろん帝京の方も結城を見るつもりだったんですけど、僕に声をかけてくれたんです」

 帝京は甲子園に出ていて強豪のイメージがあり、憧れがあった。高校では大阪の学校には進学せず、他府県でプレーすることを決めていた小松は帝京進学を決断する。入学当時、先輩たちの体つきに圧倒され、体の小さい自分を見て不安に思った小松だが、1年春からベンチ入りを果たすなど首脳陣の期待は高かった。前田監督は「やはり身体能力が高いですから。とにかく最初から欠点の無い子でしたので使いやすかったですね」と起用の理由について語る。



春季東京都大会で本塁打を放つ小松涼馬(帝京)

 一時期、怪我でBチームに回っていたが、再びAチームに回ることができたのはBチームの試合で4打数4安打、さらに盗塁を決める活躍を見せ、それが前田監督に評価されてのものだった。その後も懸命にアピールを続け、1年生でレギュラーを獲得する。小松は先輩たちの思いも忘れずに大会に臨んだ。
 「先輩たちが二年半苦しい思いをしてきたのに、いきなり入ってきた一年生にセカンドを任せることになった。たぶん先輩たちも悔しいだろうと思うんですが、『頑張ってくれ」と声をかけてくださったので、セカンドは自分しかいないと思って頑張りました」

 小松は夏の大会にレギュラーとして出場し、準々決勝の東亜学園戦で4打数4安打の活躍を見せるなど、4強入りに貢献。初めての夏は誰もが緊張するもの。しかし小松は独特の雰囲気を楽しんでいた。
 「緊張したのですが、試合を積み重ねていくごとに緊張が無くなってきて、楽しさの方に変わっていって。甲子園に行きたかったです」

 新チームでは主力選手としての活躍が期待された秋だったが、怪我もあり、1回戦はスタンドで応援。2回戦の創価戦から復帰したが、出場2試合で9打数2安打と持ち味を発揮できなかった。

【次のページ】 キューバ遠征は自分を大きく成長させてくれた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小松涼馬(帝京)
小松涼馬(こまつ・りょうま)
  • 帝京
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長:172センチ 体重:72キロ
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第8回 甲子園3試合連続本塁打を放った原島正光さん(日大三出身)はなぜ大学進学を選んだのか。vol3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
井上 広輝(日大三) 【選手名鑑】
小松 涼馬(帝京) 【選手名鑑】
小山 翔暉(東海大菅生) 【選手名鑑】
創価 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー