目次

[1]プロ入りを目標に新たな取り組みに挑む
[2]名門復活へ、9年ぶりの甲子園を目指す!

 上羽功晃監督が「京都一の打者」と評価しているのが2年生にして4番に座る山下 航汰(2年)だ。1年春からレギュラーを掴み、既に通算20本以上の本塁打を打っている。そして、山下はプロ入りを目指し新たなポジションにも挑戦中。その長打力の秘密、そして打撃術を存分に語ってもらった。

前編はこちら!
9年振りの甲子園へ!名門復活を託された4番・山下航汰に迫る!!

プロ入りを目標に新たな取り組みに挑む


 さらに取り組んでいるのが捕手の練習だ。昨秋は三塁手、昨夏や春は左翼手で試合に出場したが、上羽監督は将来のプロ入りを見据えて捕手に挑戦させている。練習試合では捕手で出場することもあり、秋以降は捕手として公式戦に出る可能性が高い。

 「バッティングをアピールすることもそうですが、キャッチャーとしてもプロに行きたいと思っています。そのためにもキャッチャーとしてのプレーをもっと磨いていきたいです」と山下自身も捕手挑戦に前向きだ。この冬は正捕手の藤井碧海(3年)から様々なことを吸収してきた。

 「冬はピッチャーとのコミュニケーションをけっこう取っていました。藤井さんは動きも肩も良くて、配球も凄く良いです。藤井さんからは特に配球を教えてもらいました」

 対外試合が解禁となった3月はセンバツ出場を控えた高校とも練習試合を行った。この時期の練習試合では啓新浦松 巧(3年)に始まり、星稜の奥川、センバツ準優勝の習志野敦賀気比といった強敵から4試合連続で本塁打を放った。奥川から打った本塁打を山下はこう振り返る。

 「1ボールからの浮いた真っすぐなんですけど、シンプルに嬉しかったです。甘い球を見逃さなかったのは良かったです。良いと言われていた投手から打つことができて自信になったと思います」

 奥川との対戦はこの1打席のみだったが、「ストレートの伸びや変化球のキレは横から見ていても違いました」と高校トップレベルの凄さを実感することができたそうだ。

 山下を取材していて気になることがあった。それはスラッガーと呼ばれている類の選手にしては細身であることだ。本人の証言では現在の身長と体重は180㎝、70㎏。「太りにくい体質」という体でいかにして本塁打を量産してきたのだろうか。本人がその秘訣を教えてくれた。

 「タイミングですね。バッティングの半分以上はタイミングだと思います。タイミングが合ったら何でも打てると思います」

 秋季大会で上羽監督に山下の良さについて聞いたことがあったが、その時に上羽監督は「タイミングを取るのが上手い」と答えている。実際に山下のフリー打撃を見ていると、遠くに打球が飛んでいる時はタイミングをしっかりと合わせて自分のポイントで打つことができていた。体が大きくないが、打球を飛ばせるようになりたいと思っている選手は山下の打撃を参考にしてみてはいかがだろうか。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。