第969回 153キロ到達につなげた 「冬の秘密トレーニング」 西純矢(創志学園)2019年05月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【西純矢のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]冬のメンタルトレ、宇和島での1週間を超えて
[2]153キロ到達の道程と「新たな決め球」/前田健太投手のような「コントロール」で夏の頂点を

 昨年は創成館(長崎)に毎回16奪三振完封で衝撃の甲子園デビューを果たし、今年は侍ジャパンU-18代表一次候補入り。今秋のドラフト1位候補にも名が上がる西 純矢創志学園3年・投手・184センチ87キロ・右投右打・ヤングひろしま<広島>出身)。この春は県大会での登板はなかったが、ブルペンでは最速153キロをマーク。その後の招待試合でも1日2試合先発登板を果たすなどタフネスぶりを発揮している。

 では、ここまで西投手を急成長させた原動力とか?今回は今までほとんど明かされたことのない「冬の秘密トレーニング」を中心に、153キロ到達の道程について聴いた。

冬のメンタルトレ、宇和島での1週間を超えて



キャッチボール前にストレッチをする西純矢(創志学園)

――西投手とは夏の甲子園取材以来のインタビューになりますが、まずは明らかに当時から身体が大きくなっていますね。

西純矢投手(以下、西)  はい。昨年の甲子園当時は184センチ81キロだったんですが、今は体重も87キロになりました。秋以降にランニングや臀部を意識したスクワットといったトレーニングを続けたことで下半身も安定するようになりました。

――この春、練習試合での登板を通じ、体重増加によって得られた効果をどう感じていますか?

西  ストレートについて言えば昨年の夏、秋は全力で腕を振らないといいボールがいかなかったのが、今はリラックスして7~8割の力で投げても140キロ後半が出る。
 投球フォームを特に変えたわけでもないんですが、これまでと伸びも違いまし、指のかかりも全力より7~8割で投げる方がかかりもよくキレも出ています。そしてバッティングでも高校通算本塁打16本(3月中旬現在)まで伸びました。

――体重増加、下半身トレーニングの他に取り組んだことはありますか?

西  秋の中国大会準決勝で負けてから、メンタルトレーニングを採り入れています。たとえばエラーした選手がいても「切り替えていこう」とプラスの発信を意識しています。
 野球は自分1人でできるわけではありません。仲間に対する意識も変わりました。

――実は、昨年末には愛媛県宇和島市の学校施設で合宿を張っていたそうですね。

西  はい……しんどかったです(苦笑)。1週間、朝6時から丸山運動公園という山の上でアップダウンのある施設の周りを走って、投手メニューも階段ダッシュや坂道ダッシュを30本ずつ。「死ぬような思い」は言い過ぎですが、それぐらいしんどかったです。
 でも、このメニューをみんなで「乗り切っていこう」声を掛け合ってできたことで、筋力もアップしましたし、それ以上に精神力も鍛えられました。

【次のページ】 153キロ到達の道程と「新たな決め球」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

今宮 悠斗(大分工)
西 純矢(にし・じゅんや)
  • 創志学園
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長:184センチ 体重:87キロ
【関連記事】
第1013回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第930回 関西の5年ぶり甲子園となるのか?西純矢を擁する創志学園の連覇にも注目!【岡山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第205回 【BIG5特集】佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ【ドラフト特集コラム】
第204回 【BIG5特集】奥川恭伸(星稜)高校生レベルを超越したテクニシャンピッチャー【ドラフト特集コラム】
八幡南ボーイズvs広島ボーイズ【第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
第813回 飛躍の夏、我慢の秋。西純矢と創志学園が来夏に笑うために必要なこと 【2018年インタビュー】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs倉敷商【岡山県 2018年夏の大会 第100回記念 岡山大会】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
創志学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー