目次
[1]スローイングの意識を変え更に成長を遂げる!
[2]トレーニングの重要性を学びリーグ首位打者を獲得!



 今秋のドラフト候補で、たぐいまれな強肩と優れた守備力で高い評価を得ている東海大の海野 隆司選手。後編では東海大に進学し成長した秘訣、侍ジャパン大学代表に選出されてからのお話を伺いました!

前編はこちら!
今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】

スローイングの意識を変え更に成長を遂げる!


 東海大へ進学した海野だが、最初の2年間はなかなか結果が出ずに苦しんだ。「2年の春頃は試合には出場していたんですけれど、他にキャッチャーがいなかったから出ていただけで、実力もなかったし、自信もなかった。自分がしょぼい選手だと感じて、『野球をするのがしんどいな』とさえ思っていました」。

 このような感情のまま1年近くを過ごしたが、2年秋のシーズンを終えたときに意識を変えたのだという。「開き直って、『自信はないけれど、それでも自信を持ってやろう』と思ったんです」。

 すると、不思議なことに心に余裕が生まれてきた。「公式戦に出場させてもらっていた経験が活きたところもあると思うのですが、心に余裕ができたことで考えてプレーできるようになったんです」。

 そして、その余裕がスローイングに対する意識も変え、高校時代は力任せにただ強く投げているだけだったのが、より高い「安定性」を求めて投げるようになった。

 そこで、海野選手に現在のスローイングについて聞いてみた。

Q. スローイングで一番、大切にしていることは何でしょうか?
A.足の使い方です。肩が強くても、足の運び方がダメだと送球が安定しませんから。

Q. 実際にはどのように足や体を動かしているのでしょうか?
A. 最初は左足を少しだけ後ろへ引いて、ヒザをやや下向きに寝かせるようなイメージで構えます。そして、捕球前は動きやすいように重心を左右に動かし、それに伴って体も少しだけ左右に揺らします。いざ走者が走ってきたら、左側に重心を傾けてから半身でボールを捕球するようなイメージで体を動かします。

Q. スローイングのときのコツはあるのでしょうか?
A. ボールを投げるときは、なるべく体勢を低いままに保つことです。そうすれば目線が激しく上下することがないので、送球も安定してくると思います。

Q. ボールを投げるときは、どこを狙って投げているのでしょうか?
A. よく「ベースの上に投げるように」と言われますが、自分はランナーが滑り込んでくるところ。つまり、ベースよりもやや一塁寄りのところを目掛けて送球しています。