第964回 今秋ドラフト候補!二塁送球タイム最速1.72秒の強肩の持ち主・海野隆司(東海大)【前編】2019年05月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【海野投手のギャラリーもチェック】

【目次】
[1]捕手一筋の野球人生の始まり
[2]「甲子園出場」を最大の目標に努力し続けた高校時代



 昨秋の日本シリーズでは甲斐 拓也(ソフトバンク)が盗塁を6連続で阻止しMVPに輝いたが、今秋のドラフト候補にもたぐいまれな強肩と優れた守備力で高い評価を得ている選手がいる。それが二塁への送球タイムが最速1.72秒と、驚異の数字を誇る東海大の海野 隆司選手だ。

捕手一筋の野球人生の始まり



ミットを構える海野隆司(東海大)

 海野選手が野球を始めたのは小学校1年生のとき。2人の兄が野球をやっていたことから自然と始めていたという。

 キャッチャーにコンバートされたのは小5のとき。「他にボールを受けられる選手がいなかったので、監督から『やれ』と言われたんです。でも、正直なところ、キャッチャーをやっていて楽しいと思ったことはないですね。やり甲斐はありますけれど」。とはいえ、それから現在まで捕手一筋の野球人生を歩んでいる。

 高校は関西(岡山)に進学。「岡山県で甲子園に近いチームといえば関西ですから、中学生の頃には『自分は関西に行くんだ』と周囲に宣言していました」。

 ただ、高校生の頃はかなりハードな毎日を過ごしていたという。「自分は通いだったこともあって、毎朝5時すぎには起きて、グラウンドに着いてから軽く走って。それから練習試合をして、練習をして、また走って、やっと帰宅するのが夜の11時ごろ。そして、翌朝はまた5時に起きて……という感じだったのでキツかったですね」。

 なかでもランニングのメニューがたいへんだった。「外周だったり、グラウンド1周だったり、ポール間だったり、長めの距離を走ることが多かったんですが、そのおかげでメンタルは強くなりました。そうやって心身ともにギリギリまで追い込んだ練習を経験できたのは良かったですね」。

 また、キャッチャーとしてストップの練習にはかなりの時間を費やした。「マシンでワンバウンドのボールを2箱分くらい。一年中、ひたすら止めていたら怖さがなくなったんです。ストップは形(技術)よりも気持ちが大事なので、恐怖心を克服できたのが、今につながっていると思います」

【次のページ】 「甲子園出場」を最大の目標に努力し続けた高校時代

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

海野隆司(東海大)
海野隆司(うみの・たかし)
  • 関西-東海大
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長:173センチ 体重:80キロ
【関連記事】
第930回 関西の5年ぶり甲子園となるのか?西純矢を擁する創志学園の連覇にも注目!【岡山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第57回 「考える野球」の土台は日常生活の中で作られる 杉山繁俊監督(東海大福岡)【後編】【名将たちの言葉】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
第96回 東海大学編「菅野智之によって切り開かれた縦縞の黄金期」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第965回 首都の堅守・強肩捕手!打撃を磨き、目指すはプロ入り! 海野隆司(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第96回 東海大学編「原貢氏によって築かれた『首都の盟主』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第954回 追い求めないことにより自然と出た151キロ 全てをぶつけて日本一を掴む!原田泰成(東海大)【後編】 【2019年インタビュー】
第954回 全ての練習をピッチングに繋げる!151キロ右腕が辿ったエースへの道のり 原田泰成(東海大)【前編】 【2019年インタビュー】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
海野 隆司(関西) 【選手名鑑】
関西学院 【高校別データ】
関西 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー