目次

[1]投手転向7か月で開いた「MLBへの扉」
[2]日本・四国の地から「NPBでのクローザーへ」


 前期も佳境に入った15年目の四国アイランドリーグplus。その中で別格のスピードで存在感を示しているドミニカ人右腕がいる。4月20日、徳島インディゴソックスに入団したジェフリー・ヘルナンデス。常時150キロ以上のストレートと高速シンカーを駆使し、現在は守護神としてリーグトップタイの3セーブ(5月15日現在)をマークしている。

 では、早々のNPB入りも大いに期待できる剛腕はここまでどのような球歴をたどってきたのだろうか?背番号「00」が日本・四国・徳島で追う夢が語られる。

投手転向7か月で開いた「MLBへの扉」


――まず、ジェフリー・ヘルナンデス選手が野球をはじめたきっかけから教えてください。

ジェフリー・ヘナンデス投手(以下、ヘルナンデス)  小さいころからみんなが靴下を丸めて作ったボールで遊んでいたような環境にいたので、自然に野球をするようになりました。日本でいう少年野球チームでもプレーはしていました。

―― 当時のポジションはどこですか?

ヘルナンデス ショートストップ。実は16歳くらいまではずっとショートストップをしていたんです。

―― ということは、投手を始めたのは16歳からなんですね!

ヘルナンデス そうです。自分は当時、打つことも得意だったんですがポテンシャルが高く肩も強かったので「投手の方が上へ行けるチャンスがある」と思って投手に転向したんです。そうしたら7か月でコロラド・ロッキーズと契約することができました。

―― 実際、2008年にコロラド・ロッキーズと契約した時はどんな気持ちでしたか?

ヘルナンデス 自分の家庭は裕福な方ではなかったので親からは常に「勉強しなさい」と言われてましたし、自分も野球は趣味で将来は公務員とかを考えていたんです。ただ、プロ野球選手になれたことで「これで家族に家を買ってあげられる」と思いましたし、すごく嬉しかったことを覚えています。

―― 2008年から4年間はルーキーリーグ、その後はハイAなどでプレーしたヘルナンデス投手。さらにテキサス・レンジャーズと契約した2016年にはAAAまで昇格しました。このころにはMLBのスプリング・キャンプにも参加された経験もあるのですか?

ヘルナンデス はい。スプリングキャンプではMLBのいい打者はストライクとボールの見極めがしっかりしているので、ストレートにしても変化球にしても自分のベストピッチをしなければいけないことを感じました。

―― 実は当時のヘルナンデス投手の映像を動画サイトで見たことがあります。当時のヘルナンデス投手を自分で分析するとどんな投手だったのですか?

ヘルナンデス それは21・22歳の時の映像ですね。当時は102マイル(164キロ)のストレートを待ち味にしていました。ストレートはナチュラルに動くのでそこも武器にしています。

―― ただ、MLBへの昇格はあと一歩で届きませんでした。

ヘルナンデス 確かにMLBへあと一歩に迫っていたんですが、2016年に盲腸炎を起こして……。病院に行ったら気絶して気付いたらベットの上。あとで聞いたら生死をさまよっていたらしいです。それで3か月離脱したことが響いてMLBには行けず、昨年・一昨年はアメリカのチームに所属しながらメキシカンリーグやベネズエラ・ニカラグアのリーグで投げていました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。