第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く2019年05月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【早川隆久(早稲田大)のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]18番に恥じない投球で1シーズン6勝を狙う
[2]力任せではなく、投球術でバッターと勝負する重要性

18番に恥じない投球で1シーズン6勝を狙う



早川隆久(早稲田大)

 「完封、完投は投手であれば目指すものですが、自分はまだそのレベルに達していないので、1イニングずつ丁寧に投げて抑えていった結果が完封リレーに繋がりました。」

 試合後にそう語ったのが早稲田大の背番号18・早川 隆久だ。東京六大学リーグ戦の第5週・立教大戦に先発した早川は、序盤はランナーを出したが「1つずつ丁寧に抑えればピンチを凌げると思って投げ、無失点にまとめることができた」と振り返った。

 立教大のエース・田中 誠也との左腕同士の投げ合い、7回3分の2を投げて32人の打者相手に被安打6、奪三振7、与四死球2。投手戦を制しチームに勝利を呼び込んだ。

 早川は今シーズン背番号18を背負い、3年生ながら文字通りエースの立ち位置となった。この番号について、「この番号は付けている人が最近いなかったので、重みや責任があります。なので、この番号に恥じない投球ができればと思います」と語る。

 今回の勝利で早川はシーズン2勝目を掴んだ。しかし早川が掲げる目標はもっと上にある。
 「残りの4シーズン全て6勝と小宮山悟監督に言われました。自分は目標を言ってもらえた方がやる気になりますので、その明確な目標に向けて頑張りたいです。」

 今シーズンより早稲田大は投手出身の小宮山監督が就任。プロの世界を経験する小宮山監督から学ぶことも多いはず。早川はここまで何を学んでいるのか。
 「前回の明治大戦は2アウトからあとアウト1つ、あと1球で打たれました。それは自分が勢いのままに投げているから相手打者が打ちやすい。そこで小宮山監督から間を作って考えさせたり、逆にどんどん投げて考えさせなかったり。ランナーがいなくても一発がある打者は間を作って考えさせたりと、技術面ではなく投球術についてアドバイスをもらいました。」

【次のページ】 力任せではなく、投球術でバッターと勝負する重要性

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

今宮 悠斗(大分工)
早川 隆久(はやかわ・たかひさ)
  • 木更津総合-早稲田大
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投げ左打ち
  • 身長:179センチ 体重:72キロ
【関連記事】
第905回 野手のタレントが続々登場する関東大会2日目。東海大菅生、前橋育英に注目(最新版)【大会展望・総括コラム】
第902回 今年の関東はいきなり東海大相模vs木更津総合!超強力な相模打線vs146キロ右腕・篠木健太郎の対決に要注目!【大会展望・総括コラム】
第20回 G.W 人気記事ランキング 戦国千葉がTOP3を独占する驚きの結果!!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第897回 盤石な野球を見せた習志野が優勝!Aシードを獲得した4チームを総括!【大会展望・総括コラム】
第890回 令和初の千葉王者となるのは?今年はシード争いが例年以上に過酷!【大会展望・総括コラム】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
木更津総合vs拓大紅陵【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第765回 社会人ジャパン最年少投手が明かす、エネオス入社の理由と独特な握り 鈴木健矢(JX-ENEOS)【後編】 【2018年インタビュー】
第762回 人生を変えたサイド転向 社会人代表最年少投手 鈴木健矢(JX-ENEOS)【前編】 【2018年インタビュー】
第751回 キーワードは「ショートゴロを打て」 欲をすべて捨てた千葉のスラッガー・野尻幸輝(木更津総合) 【2018年インタビュー】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
早川 隆久(木更津総合) 【選手名鑑】
木更津総合 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー