第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】2019年05月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【山田紘太郎(西尾東)のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手を目指した秋
[2]悔やんでも悔やみきれない敗戦

 愛知県内の公立校としては、近年最も安定して上位進出を果たしている西尾東。昨秋は21世紀枠の代表候補の県推薦校にもなったが、準決勝では東邦に敗れ、学校としても初の東海大会進出を賭けた3位決定戦では、史上稀に見る大乱戦の末に敗退。公立の雄としての悲願は果たせなかった。
 そんな西尾東を引っ張るエースの山田 紘太郎君。投手としての評価も高いが、その素顔に迫ってみた。

「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手を目指した秋



山田紘太郎(西尾東)

 昨年夏、東愛知大会は決勝進出。本当に、夢にまで見た甲子園がそこまで見えてきたということも実感した。

 「1年上の先輩のエース(磯村翔吾=現名城大)が絶対的な信頼があって素晴らしかったので、自分としては安心していた」と言う山田君は、背番号10でベンチ入りし、何試合かは投げていたが、正直、まだ下級生ということで、投手としても2番手的存在だった。

 だから、決勝の前日にも「食事さえ、喉も通らない緊張した」という現在はバッテリーを組む4番打者の加藤 健輔君や、三塁手としてレギュラーとなっていた小柴 諒太君ほどの緊張感はなかった。それでも、やはり手の届きかかった甲子園を逃した悔しさはあった。

 そしてエースとして迎えた新チームの秋季大会。「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手になっていきたいという思いで夏休みの練習に励んできた。組み合わせの妙で西三河一次予選と県大会初戦と二度も、夏の決勝で敗れた愛知産大三河と対戦することになった。因縁の試合は、ともに勝って、借りを返したどころか、おつりまで与えた。

 「戦力的には、こっちが勝っていると思っていましたから、最初から勝てるという意識はありました」
 「夏は、あと一歩のところで甲子園出場を逃していたので、今度こそ必ず勝って、春のセンバツに出ようという目標を置いていた」と言うように自信を持って挑んだ戦いだった。

【次のページ】 悔やんでも悔やみきれない敗戦

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山田紘太郎(西尾東)
山田紘太郎(やまだ こうたろう)
  • 西尾東
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第66回 高橋源一郎監督「選手の成長のためにはいろんな方の協力は惜しまない」【名将たちの言葉】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第2回 手束記者が選ぶ愛知県のベストゲーム 波乱とロマンに満ちた熱戦【愛知の高校野球】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
第1044回 練習では目立たない実戦型アベレージヒッター・熊田任洋(東邦)は打つための準備をしている 【2019年インタビュー】
山田 紘太郎(西尾東) 【選手名鑑】
愛知産大三河 【高校別データ】
享栄 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
西尾東 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー