目次

[1]同級生、関戸 康介(大阪桐蔭1年)、西 純矢(創志学園3年)からの「刺激」
[2]目指すは春夏連覇と高知県の野球人口増加

 高知中(軟式)時代は、3年時にエースとして「第9回文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会」と「第40回全国中学校軟式野球大会」の春夏中学軟式野球連覇に大きく貢献すると共に、中学球児史上初の「150キロ」を計測。カテゴリーを超えた話題を集め4月から高知(高知)で研鑽を積む森木 大智(184センチ82キロ・右投右打)。

 入学後も初対外試合となった4月13日(土)練習試合・八幡浜(愛媛)で最速144キロ・初打席初安打をマークし5月3日から愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催される春季四国大会でも背番号「20」で一次登録されるなど期待値は早くも高まっている。

 そこで今回は練習試合初戦を終えた森木選手にインタビューを敢行。投打・技術論だけに留まらず高校生活の話など多岐に渡って話をうかがった。
 練習試合初出場の感想と春季四国大会での意気込みを聞いた前編に続き、後編ではより突っ込んだ話へ。中学時代のライバルへの想いや高校生活、そしてプロローグでは新たに侍ジャパンU-18代表指導陣に加わった島田 達二・分析担当コーチの裏話も記していきます。

同級生、関戸 康介(大阪桐蔭1年)、西 純矢(創志学園3年)からの「刺激」


―― 練習試合を見ると森木選手ばかりでなく高知の新入生には好選手が多いですね。

森木 大智選手(以下、森木)  そうですね。自分たちの代は投手も野手もいい選手がそろっています。自分も「すごいな」と思いつつ刺激を受けながら練習しています。

―― その一方、明徳義塾中時代はライバルだった関戸 康介投手は大阪桐蔭(大阪)に進学しました。

森木 関戸は負けず嫌いですし、努力家なので自分も負けていられない想いはありますし、甲子園でアイツを超えたいとは思っています。ただ、戦えるのは甲子園でしかないので、今は興味を持って気にかけて、負けないようにやっていきたいです。

―― そういえば、春休みには高知県に練習試合に来ていた創志学園・西 純矢投手とも話をする機会もあったようですね。

森木 最初は怖いと思ったんですけど(笑)、すごく優しい方でした。身体は大きいし身体の使い方もうまい。今、自分が気にしている体重移動についても右足と左足の割合とかを教えてもらいました。自分より有名な方から刺激を受けることは自分の成長にもつながっていくと思うので、これからも聴けることは聴いて自分の糧にしていきたいです。

森木 大智の高校新生活


―― 高校野球と同時に高知高校での新生活も始まっています。授業とかはどうですか?

森木 結構楽しいです。中学では野球部の友だちが大半だったんですが、高校で友だちも増えました。得意教科はあるわけではありませんが、英語はやっておきたいと思っています。選択科目では書道を選びました。集中力が上がるし字もうまくなるので。

―― 森木投手は中学時代から読書が趣味ですが、高校に入ってから読んでいる本は

森木 山本昌さん(元中日ドラゴンズ)の「継続する心」です。まだ少ししか読めていないんですが「同じ競技で言い合える関係を作っていく」ということとかは勉強になります。

―― ちなみに書道にちなんで「座右の銘」はあったりするのですか?

森木 「挑戦していく」を自分は大事にしています。怖がらずに挑戦していくことで違う景色も見れます。どんどん挑戦して、たくさん失敗もしてレベルアップしていきたいです。