チームの勝利に貢献するのがエース


 東東京の名門・関東一の今大会のエースナンバーを背負った土屋 大和。土屋は中学時代、江戸川区にある軟式野球の名門・上一色中の軟式野球部で中学3年生の時に全国準優勝。チームメイトには専大松戸のエース・横山 陸人がおり、奥川 恭伸山瀬 慎之助バッテリーがいたかほく市立宇ノ気中とも対戦を経験している。

 軟式から名門のエースナンバーを背負った土屋は春季東京都大会をベスト4で終えたが、「エースとしてチームの勝利にこだわることを学べた大会でした。」と語る。

 それを象徴するシーンが6回、東海大菅生の途中出場・渡邉 喜龍にホームランを打たれた場面だ。
 「3ボールから1ストライク取れましたが、そのあと自分の中でムキになり、自分の感情を優先してボールを投げてしまいました。チームの事を考えるのであれば、四球を出してでもコントロール勝負でいけばよかった。」

 エースとしての仕事が出来なかったことを悔やむ土屋。その一方で大会を通じてエースとしての自覚や責任感を持てた点に関しては収穫だったと冷静に振り返った。

 冒頭でもふれたように土屋は中学時代は軟式野球をやっており、高校から硬式に変わった。ボールの違いに戸惑う選手もいる中、土屋は違和感なく硬式球にアジャストしたそうだ。

 ただ、関東一に入ってある男の存在が土屋に大きく影響を及ぼした。それが同じチームの谷 幸之助である。

 「硬式を元々やっていた谷はボールが速かったので、球速の部分では勝てないと感じました。なので、自分はコントロールとボールのキレを持ち味にして勝負しようと思いました。」

 谷には球速があるからこそ自分の持ち味が生きている。谷がいなければ今の自分はいないとまで土屋は断言しており、よきライバル関係というのがうかがえる。

 持ち味を磨くために土屋は走り込みなどの下半身強化をして、コントロールとキレを磨いてきた。だが本人の中で1番大事にしているのは意識だった。

 「走り込みはもちろんですが、ブルペンや練習試合。またキャッチボールから一球を大事に構えたところに投げる。あとは私生活でごみを拾うなどして、普段から1つに集中してもいろんなことに気が付くことが大事だと思います。」

 話を聞いていると、非常に落ち着いた雰囲気で淡々と質問に答える。冷静かつクレバーで高い意識を持った選手、という印象を感じさせる土屋。

 夏に向けて、「これからは1日1日、1つのプレーがが夏に大きく関わることは分かっているので、自分たちにはまだまだ力がない分、1日1日を大事に緊張感を持ってやりたいです。」とコメントした。

 昨秋は背番号10をつけていた土屋にとって、今大会は来たる夏に向けて大きな経験となったに違いない。この経験をどう活かすのか。土屋の夏のピッチングに注目だ。

文=編集部