目次

[1]全力でぶつかり課題を得た2年夏の明豊戦
[2]主将として自覚を持ち、大舞台でも活躍できるメンタルができた

 念願の九州大会出場を決めた大分工。投手陣の柱がエースの日高 翔太ならば、全体の柱は主将の今宮 悠斗(はると)だ。 3番打者として、速球、変化球を柔軟に対応し、広角に鋭い打球を打ち返す打撃技術の高さが光る巧打者で、好投手が集まる九州大会で8打数4安打の活躍。捕手として狙い球を外すリード、スローイングタイム1.9秒台の強肩とどの試合でも必ず存在感を示す捕手だ。そんな今宮の歩みを追った。

全力でぶつかり課題を得た2年夏の明豊戦


 野球を始めたのは小学3年生(大分市立判田小学校)から。小学校から捕手を始め、中学では佐伯ボーイズに所属し、ライト、捕手、投手といろいろなポジションをこなした。いろいろな学校から誘いがあった中で、大分工に進んだのは中学時代の先輩が大分工に進んでおり、大分工の話を聞くうちに興味を持ち始め、大分工の入学を決意する。

 投手として入部したが、同期には捕手が少なく、捕手経験があった今宮が任されることになった。それまで投手として活躍することを目指していた今宮にとっては驚きのコンバートだったが、次第に同期の日高 翔太を見て、しっかりと日高を立ててあげていないと気づき始めた。

 日高については小学校とはチームが違うものの、「当時から有名でしたし、帰り道も一緒なので、野球のことを話したりいろいろコミュニケーションを取りながら、連携を深めていきました」と常にコミュニケーションを取りながら、1日を歩み、2年夏には背番号2をつけて夏の大会に臨んだ。

 1回戦に勝利して2回戦では優勝候補の明豊と対戦。3回裏は一時は逆転となる適時打を放った。
 「先輩たちと一緒に長く野球をしたかったですし、絶対に同点に追いつくつもりで打ちました。あの時は意識がライト方向にあったので、うまく変化球を打つことができたと思います」

 そして最も警戒していたスラッガー・濱田 太貴(東京ヤクルト)に対しては「まっすぐ打たれると思ったので、変化球を中心に攻めていきました」
 エース・日高の持ち味を存分に引き出し4打数1安打に終わった。延長戦の末、敗れてしまったが、大健闘を見せた。今宮は体力面が大きな課題になったと振り返る。

 「体力が大事だなと感じた試合でした。延長戦になってばてていたというところもありますし、粘り勝たないといけないと感じました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。