自分の武器を活かす準備とチャレンジ精神を持ってプレー


 東海大菅生vs日大三。全国的に見ても屈指の好カードとなった春季東京都大会準々決勝は東海大菅生が12対5の7回コールドで勝利した。

 この試合、東海大菅生4番・杉崎 成日大三4番・宇津木 帝凱の両選手が2打席連続ホームランを放ったことで盛り上がりを見せたが、ある選手が2打席連続三塁打をマークしている。

 その選手とは、東海大菅生の7番・今江 康介である。昨秋の都大会決勝の国士舘戦では2番に座っていた今江は日大三戦で7番センターで出場し、3打数2安打1四球と結果を残した。

 試合後話を聞くと、「秋負けて悔しい想いをしたので、今日の試合も勝って優勝するんだ、という気持ちで挑みました」と強い決意を持って試合に臨んだことを語った。

 その今江は2回にセンターへ三塁打を放つと、4回には相手野手がボールを見失った隙をついて一気に三塁まで走り抜け、2本目の三塁打を記録した。

 「自分には足があるので、単打や四球で塁に出て掛け回すのが役割だと思っています。なので今日のような相手の隙をついた走塁がこれからもできればと思っています。」と自身のバッティングと走塁を振り返った。

 50メートルを6秒フラットで駆け抜ける俊足の持ち主である今江。その足を活かすためにオフシーズンは短距離走に力を入れて、武器である身体のキレを磨いてきた。

 またチーム全体で走塁には重点を置き、いかに最短距離でダイヤモンドを回りきれるのか。この答えを追求し続けているそうだ。

 そんな今江は身体のキレを試合で発揮するために、ある2つの準備をしている。それが守備位置までの全力疾走と打席に入る前にジャンプすることだ。こうすることで常に身体にキレを出しており、今江の周到な準備が試合でのベストパフォーマンスに繋がっているのだ。



今江 康介(東海大菅生)

 しかし今江の活躍は打撃だけではない。
 4回の日大三の攻撃、二死一塁で1番・前田 聖矢が放ったライナーが今江のところへ。守備位置が深かったために打球は前に落ちるかと思われたが、今江は快足を飛ばしてチャージをかけると迷うことなくダイビング。見事打球を掴み、先発の中村 晃太朗を救った。

 このプレーについて今江は、「練習から際どいところを捕れるようになって自信がついてきていましたし、点差もあったので思い切っていこうと思い飛び込みました。」と振り返る。

 普段から若林弘泰監督が打つ、捕れるか捕れないかのギリギリの打球にチャレンジし続けた今江。最初は捕れないことが多かったが、次第に捕れるようになってきたことで自信に繋がり、プレーに繋がった。

 そのチャレンジ精神が守備において一番大事だと考えている今江だからこそ、ギリギリのプレーを続けることで自分を磨き続けたに違いない。

 次は東の名門・関東一。勝てば関東大会出場がまずは決まる。
 「次も足を使って掛け回していきたいです。そして秋は悔しい想いをしているので、この大会は優勝したいです。」と最後に意気込みを語った今江。

 東海大菅生打線は小山 翔暉成瀬 脩人、杉崎といった上位陣が強力なだけに、下位打線でいかにチャンスを作れるかがポイントとなってくる。その役割を今江がきっちりこなすことができれば、東海大菅生打線はさらに脅威になる。

 外野手争いも激化している東海大菅生で今江は存在感をアピールし続けられるのか。チームの勝利、そして自身が活躍するために今江は今日もベストな準備をして、果敢に挑戦し続ける。

文=編集部