第944回 21人目の東京代表・黒川麟太朗(国士舘)が選抜で学んだ最短距離の大切さ2019年04月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

好投手を打つためのコンパクトかつ最短距離の打ち方



黒川 麟太朗(国士舘)

 昨秋の決勝戦で強豪・東海大菅生を破り、10年ぶりに甲子園に足を踏み入れた国士舘。その国士舘でリードオフマンとして打線を引っ張るのが黒川 麟太朗だ。

 176センチ63キロのシャープな体格で、手元まで引き付けるバッティングが持ち味の黒川選手。ケガの影響で辞退をしたものの、東京代表に選出されるなど都内屈指のリードオフマンだ。

 準々決勝の帝京戦(試合レポート)ではチーム唯一の3安打猛打賞を記録。打点こそ記録しなかったが1番打者としての役割を果たし、チームの準決勝進出に貢献した。

 試合後、黒川選手は、「3本ヒットは打ちましたけど、今大会は不調で味方に迷惑かけてばかりでした。今日はコンパクトに打とうと心掛けていたので、結果が出て良かったです。」と振り返った。

 このコンパクトという言葉、これこそが黒川が選抜の舞台で学んだことだ。
 「選抜で中森 俊介投手と対戦してレベルの違いを感じました。このままだとあのレベルの速球は打てない、好投手と対戦すると勝てないと感じました。そこで最短距離でバットを出せればヒットの確率も上がると思ったんです。
 今日の試合でいえば、今まではテイクバックで後ろが大きくなってしまい詰まっていたので、そこを最短距離で出せるように体の近くでバットを構えました。」

 黒川は昨冬、東京代表に選出されたが、ケガの影響で代表入りを辞退した。しかしセレクションに参加したことで、レベルの高い選手のプレーを見られただけでも本人にとっては大きなプラスとなったと語る。

 「東海大菅生の成瀬(脩人)は同じ内野手でも守備は柔らかくて無駄がない。バッティングに関しても凄いと思いました。」と同じ西東京のライバルのプレーに黒川は強い刺激を受けたのだ。

 センバツが終わってチームの状態が落ち、都大会は負けてもおかしくないゲームがあった。だが帝京戦で打線が繋がったことで、ここから調子が上がっていくだろうと黒川は実感している。

 打線が上向きになってきた国士舘の次の相手は都立小山台。これに勝てば2年連続の関東大会出場が決まる。
 「目の前の試合に勝つだけなので、自分たちらしく守り勝って関東大会出場を決めたい」と意気込みを語った。

 国士舘の切り込み隊長が都立小山台相手にどんなバッティングでチームにリズムを与えるのか。黒川 麟太朗の第1打席から目が離せない

文=編集部

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小山 翔暉(東海大菅生)
黒川 麟太朗(くろかわ・りんたろう)
  • 国士舘
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:176センチ・63キロ
【関連記事】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第631回 思いを語りぶつけ合う、日誌こそが小山台野球、強さの秘訣 都立小山台(東京)【前編】【野球部訪問】
第914回 篠木、藤井など来年のドラフト候補生とスーパー1年生たちを徹底紹介!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
東海大菅生vs国士舘【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs立志舎【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第883回 甲子園出場!国士舘を支える投手トリオの課題と収穫 【2019年インタビュー】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
第814回 都大会優勝・国士舘の1年生4番!黒澤孟朗が考える選抜に向けての課題とは? 【2018年インタビュー】
第803回 切磋琢磨した3年間を糧に飛躍を誓う!草薙柊太(国士舘高)【後編】 【2018年インタビュー】
国士舘vs関東一【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立国分寺【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
国士舘vs工学院大附【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
黒川 麟太朗(国士舘) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー