第940回 ライバルと先輩から刺激を受け続けた野球人生 小山 翔暉(東海大菅生)【前編】2019年04月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【小山 翔暉(東海大菅生)のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]ライバルに刺激を受け続けてきた中学時代
[2]高度な東海大菅生野球に触れながら捕手として成長を果たす

 全国屈指の強肩強打の捕手・小山 翔暉選手。高校通算20本塁打近くを記録する強打者、三塁到達11秒前半を記録する俊足、スローイングタイム1.8秒台の強肩と、捕手でありながら走攻守の総合力の高さは今年の高校生でもトップクラス。木製バットを使ったキューバ遠征では最終戦で試合を決める逆転2ランを放ち、勝負強さを発揮した。そんな小山はどんな成長を歩んできたのか。

ライバルに刺激を受け続けてきた中学時代



小山翔暉(東海大菅生)

 若林監督が最も期待していて、最も厳しく接している選手ではないか。若林監督は小山の選手としてのポテンシャルの高さにこう評する。
 「身体能力は高校生でもトップクラスだと思いますし、彼が大学、プロに進んで、あの身体能力をフルに生かせるようになると日本の野球は変わるじゃないですか。捕手をやっているのですが、ショートを守らせてもうまい選手なんです」

 だからこそ厳しい注文が入る。
 「翔暉の課題は考えてプレーができるか。場面に応じて考えてプレーすることが苦手なところがありました。大舞台で結果を残せないことがある。だから持っていないと本人に叱るときもあります」

 若林監督は愛知出身の小山に対し、岐阜出身の根尾 昂と比較しながら、考えてプレーする重要性を主張してきた。
 「根尾と違うのは考える能力だよ」
 こう聞くと、小山は考えていない選手に感じてしまうかもしれない。ただ、小山と実際に話してみると、真面目で自分の意図をしっかりと説明できる好青年。やはり若林監督の厳しい指導が生きているのだろう。

 そんな小山の野球人生の始まりは保育園の頃から。ソフトボールの経験者だった父親の影響を受けたことがきっかけで、保育園の時は父親とキャッチボールするぐらいで、小学校に入ってから本格的に野球を始めた。小学校の時は投手とショートをこなしていた。当時から足の速さ、肩の強さには自信があった。中学に入学すると、愛知木曽川シニアに入団。ここから投手と捕手を始める。

 捕手を始めたとき、きつくて、あまり面白さを感じなかった。ただ、ほかのチームと比較しながら自分の能力を比較したとき、
「肩の強さ、フットワークの良さは自分が上だなと思いました。それを感じたことで少しずつやりがいを感じるようになりました」



小山翔暉(東海大菅生)は愛知木曽川シニアの出身だ

 また、小山の気持ちを掻き立てたのは同じ愛知地区のライバルたちの存在があった。稲沢シニアには東海大菅生でチームメイトとなる成瀬 脩人、衣浦リトルシニアには山梨学院のスラッガー・野村 健太、ボーイズリーグになるが、知多ボーイズには東邦の二刀流・石川 昂弥がいた。彼らの存在は刺激となり、対戦となれば、「負けたくない気持ちになることはありました」と振り返る。

 また、1学年上の根尾の凄さも感じていた。
 「中学時代から愛知県でもその名は知れ渡っていましたし、1つの目標といったらおかしいですけど、プレースタイルも僕と似ていて、お手本としているところはありました」

 そして走攻守三拍子揃ったプレースタイルは大きく評価され、中学3年生で侍ジャパン入りを果たす。ここでも大きな刺激を受ける。
 「愛知だけでもあんなにすごい選手がいたのに、全国から選ばれた選手は本当にパワー、スピードも違ったので驚かされました」

 特に刺激を受けたのは速球左腕・及川 雅貴(横浜)だ。
 「打席に立った時、今まで見たことがない速球でした。すべてにおいて自分より上の選手だなと思いました。」

 また、鹿取代表監督からも学ぶことが多かった。
 「プロ野球を経験している方ということで学ぶことが多かったですし、また栄養面も考えていて、野球に対する姿勢、自覚も大事だということを感じました」

 そして自分の現在の実力を再認識する良い機会となった。
「全国には凄い選手がたくさんいることが分かり、今のままの自分では通用しないと感じたことが収穫でした」

【次のページ】 高度な東海大菅生野球に触れながら捕手として成長を果たす

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

小山 翔暉(東海大菅生)
小山 翔暉(こやま・しょうき)
  • 東海大菅生
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長・体重:175センチ・76キロ
【関連記事】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
小山 翔暉(東海大菅生) 【選手名鑑】
成瀬 脩人(東海大菅生) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
野村 健太(山梨学院) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー