第937回 投手を始めたときから刷り込まれた「制球力の良い投手=好投手」の美学 中村晃太朗(東海大菅生)2019年04月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【中村晃太朗(東海大菅生)のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]父からいつも見せられたのはコントロールの良い投手の動画
[2]高い制球力の秘密はボールの握り

 投手ではいろいろなタイプがいるが、高校生の技巧派左腕というカテゴリーで見れば、トップレベルの左腕と評していいのが中村 晃太朗だ。

 左腕から135キロ前後の速球、スライダー、落差が鋭いチェンジアップを操る投球で、昨秋は都大会準優勝に貢献。東京代表に選ばれたキューバ遠征では、2試合に先発し、2試合目の先発となった第4戦は完投勝利まであと2人に迫る投球を見せた。中村の魅力といえば、抜群の制球力と高校生らしからぬ修正力、投球術の高さだ。コントロールを良くしたい投手は多くいる。

 では中村はどのようにして現在のピッチングを築き上げたのか?ヒントになる話を多くいただけた。

父からいつも見せられたのはコントロールの良い投手の動画



東京都屈指の制球力を持つ中村晃太朗(東海大菅生)

 投手をやりたくて、投手になるべき人生を歩んできた。野球を始めたきっかけについて、
 「自分、投手をやりたくて野球を始めたんです」とはっきり答える中村。
 投手に憧れたのは幼少期の頃、父に連れてもらったプロ野球観戦が大きく関係している。ベイスターズファンだった中村。横浜スタジアムにいくと、よく先発マウンドに立っていたのが三浦大輔投手だった。

 「試合を見ると、投手は本当にかっこいいなと思いました」
 また、この時は「良い投手はコントロールが良い投手」であることを刷り込まれていく。父親からコントロールの良い投手の動画を見せられていた。

 「父は速いだけの投手を評価していなくて、コントロールの良い投手を評価していたので、自分も自然とそういう投手になりたいなと思うようになりました」

 中村は小学校1年生になって、鎌倉市のラブリーサンズに入団する。幸運なことに中村親子の投手像に合致した投手指導だった。
 「少年野球チームの監督はコントロールに厳しい方で、1球目がボールだと、叱るような方だったんです。1球1球を大事に投げなさいという指導でした」

 小学生にとってはハードルが高い指導を求める印象を受けるかもしれない。コントロールを追求していた中村はしっかりと順応していった。もし最初からボールの速さを求めて投手を始めていたならば、中村の投手人生は変わっていたかもしれない。そういう意味で幸運だった。



インタビューに答える中村晃太朗(東海大菅生)

 中学に進むと、湘南ボーイズに入団。全国優勝の経験もある名門チームのレベルの高さに驚かされた。
「はじめは投手できるかな?って思いましたね。同期、20人ぐらいが投手できますと言っていて、自分は外野に飛ばされるのかなと思っていました」

 希望して投手ができるわけではなく、首脳陣の判断になる。中村は湘南ボーイズでも投手ができるようになったのは小学校時代から積み重ねてきた制球力重視の投球が大きかった。

 「首脳陣にピッチングを見せることになりまして。日にちを重ねることに良くなっていったんです。そしたら投手をやることになりました。
 コントロールを意識した投球は湘南ボーイズだけではなく、東海大菅生に進んで若林先生からもずっと言われ続けていることなので、コントロールを大事にしてよかったなと思いました」

 中学1年生の時から両サイドへの投げ分けができていた中村。ただ、コントロールが大事だと思っていても制球力が良くなるものではない。中村が大事にしていたのはボールの握りだ。

【次のページ】 高い制球力の秘密はボールの握り

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村晃太朗(東海大菅生)
中村 晃太朗(なかむら・こうたろう)
  • 東海大菅生
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投げ左打ち
  • 身長・体重:172センチ・75キロ
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?【沖縄の高校野球】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
谷村 然(桐光学園) 【選手名鑑】
中村 晃太朗(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー