第937回 投手を始めたときから刷り込まれた「制球力の良い投手=好投手」の美学 中村晃太朗(東海大菅生)2019年04月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【中村晃太朗(東海大菅生)のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]父からいつも見せられたのはコントロールの良い投手の動画
[2]高い制球力の秘密はボールの握り

高い制球力の秘密はボールの握り



練習試合での中村晃太朗(東海大菅生)

 ここから中村に解説していただく。

 「僕は縫い目のところに指をかけることをしています。そうなると、自然に引っかかるので、スムーズに投げられます。ただ上目にしてしまうと指先に力が入るので、縫い目のところに第一関節をかけることを意識しています」

 その握りに気づいたのは湘南ボーイズ時代。ピッチング専門のコーチから学んだ。教えてもらうまでは縫い目に指をかける意識はなかった。
「こうした方が無駄な力が入らないんだよと教わって、投げてみたら1球目から本当にボールの質が変わっていて、肩に負担がかからないですし、これは凄いなと思いました」

 ただ投手の指先の感覚は繊細なもの。そのあとはボールが抜けたり、ボールを引っ掛けすぎたりしていて、すぐに身に付いたわけではなかった。それでも中村は辛抱強くキャッチボール、投げ込みを重ねながら、習得していった。

 「自分は投げて感覚をつかむ人間なので、連投しないと感覚がなくなってしまう感じがありました。だから毎日意識して投球練習をしていきながらつかんでいきました」

 そして中学3年生には主力投手として成長し、ジャイアンツカップ優勝に貢献する。緊迫とした試合展開の中で投げたのは大きい経験だった。
 「日本一を狙うチームのメンバーに選ばれて嬉しかったですし、エースは谷村 然桐光学園)だったんですけど、谷村が大事な試合で完投していたのですが、ジャイアンツカップは連戦が多いので、継投が必要になります。そんな中で先発として投げさせてもらって、良い経験をさせてもらったと思います」



キャッチボールをする中村晃太朗(東海大菅生)

 東海大菅生に進むきっかけは湘南ボーイズからの指導者から勧められたものだった。
「その時まで東海大菅生のことは全く知りませんでした。僕は甲子園に出たい思いが強く、いろいろな学校から声をかけていただき、湘南ボーイズの指導者と相談し、『お前なら東海大菅生でやっていける』といわれて東海大菅生に進むことになりました」

 こうして名門・東海大菅生に進むことになった中村。上級生に数多くの好投手がいる中で最も刺激を受けたのはエースの松本 健吾(亜細亜大)だった。
「自分にとって甲子園で投げた先輩の方々は全員が偉大で、特に松本さんは自主練習で1人で黙々と練習をしていて、そういう部分は見習わないといけないと思いました」

 また、自主練習の内容は先輩から学んだものが多い。その1つがバランスディスクを使ったシャドーピッチングだ。
 「バランスディスクの上に一本足で立って、踏み出す足の着地や軸の確認を行うのですが、松本さんは毎日、入念にやっていて、それは本当にすごいなと思いました。松本さんの練習姿を見ながら、練習に取り組んでいきました」

 先輩の練習する姿や、公式戦での経験を積んでいきながら、中村は一歩ずつ高校生を代表する技巧派左腕として成長を遂げていく。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村晃太朗(東海大菅生)
中村 晃太朗(なかむら・こうたろう)
  • 東海大菅生
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投げ左打ち
  • 身長・体重:172センチ・75キロ
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?【沖縄の高校野球】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
谷村 然(桐光学園) 【選手名鑑】
中村 晃太朗(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー