目次

[1]秋の敗戦をバネに負けない投手へ!
[2]自信があるボールはストレート!

 秋季秋田県大会を制した秋田修英。その優勝を牽引したのは間違いなく西岡 海斗(にしおか・かいと)だろう。秋田経法大附(現ノースアジア大明桜)を8度甲子園に導いた名将・鈴木寿宝(すずき・ひとし)監督も「ストレートも変化球も良いボールは持っていると思います」と全幅の信頼を寄せる。そんな西岡のキャラクターはとにかく明るい、笑いが起きれば、たいてい真ん中にいるのは西岡だ。チームの元気印西岡の投球とそのポテンシャルに迫る。

秋の敗戦をバネに負けない投手へ!


 秋田修英は、秋季大会で秋田の頂点に駆け上がるも、東北大会の3回戦で古川に悔しい敗戦をしている。この試合完投した西岡もまた敗戦の原因を考え、冬への成長の糧にしていた。

 「負けた試合は、バッターを観察出来なかった。バッターが変化球待ちの時に、自分の持ち味であるまっすぐを投げず、コツコツ当てられてしまった。その結果、内野を抜かれてということだったんで。やっぱりバッターを見て何を待っているかを考えていかないといけないなというのは感じました」

 これが、西岡が自分に出した課題である。これに対して、西岡は2つのアプローチを考えている。

 1つ目が、変化球の質の向上である。
「変化球は狙われて打たれるというような変化球ではだめなので、狙われても空振りを取れたり、打ち損じを狙えるような変化球を突き詰めれるような練習をしてきました」

 自身の課題と向き合って、冬場を過ごしていることが伺える。

 また、フィジカル面からのアプローチ以外にも、メンタル強化も取り組んでいる。

 「周りを見る、学校生活でもなんでもなんですけど、周りを見ることを意識しています」
「自分は率先してトイレ掃除をしっかりやると決めているので、それは2年生が始まったときから貫いています」

 西岡が気を付けているのは、野球生活以外の、学校生活での在り方である。学校生活から周りに気がつけるように出来るか、そしてトイレ掃除など人が嫌がることを率先することできるかを意識している。人が嫌なことから逃げない強さは、マウンド上でピンチの場面での平常心に繋がるだろう。またその事を継続することで、自身と向き合い、自分の内面を知る事ができる。西岡は、このように野球以外での学校生活から「自己研鑽」を怠っていない。

 このように、明るさの中にも前向きに色々なことにチャレンジできるのは、西岡の目標がはっきりしているからだろう。

 「夏だったら、甲子園が一つの目標で、春は、秋、東北大会初めて出てるんですけど、秋は悔しい結果で終わったんで、春も出て、優勝して夏に弾みを付けれるような、良いスタートをきれるように、自分のピッチングというよりチームが勝つためにどうしたら良いかということを考えています」

 西岡は、夏の甲子園出場、そして春は再度東北大会出場を果たし、秋の悔しさを晴らすつもりだ。