第935回 大切なことは「やり方」よりも心の「在り方」 近藤大樹(西日本短大附)vol.32019年04月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【近藤大樹選手のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]人間としての成長を求めて西短へ進学
[2]やり切った状態で夏を迎えられるようにしたい

 今年の西日本短大附について西村慎太郎監督に聞くと「非常に楽しみなチーム」という答えが帰ってきた。その楽しみなチームの中心にいるのが近藤 大樹だ。

 西日本短大附を17年率いて、2度の甲子園出場に導いている西村監督をして「稀に見るキャプテン」と言われる近藤について紐解いていく。vol.3の今回は、近藤の現在地や夏に向けた心境に迫った。

◆名将も認める「稀に見るキャプテン」 近藤大樹(西日本短大附)vol.1
◆「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2

人間としての成長を求めて西短へ進学



近藤大樹(西日本短大附)

 「近藤は、U15という世界を見て、自分が出来るところ、まだまだ足りないところを自分で感じてると思うんです。普通だったら自分よりできない子達に『何やってんだ!』となるかと思うんですけども、そうではなくて、上手にできる子できない子含めて中に入ってですね、きちんと対処するんですね。本当に17歳かなぁこの子はと感じます」

 西村監督から見た近藤の現在地である。西村監督の言葉を借りれば「目配り・気配り・心配り」が出来るのだ。

 そんな近藤の高校時代は常に順風満帆だったかというと、それは違う。近藤は多くの事を許容でき、皆に気が配れるだけの器があるが、同じぐらい責任感もある。他者の目標まで近藤は背負うのである。良い言い方をすれば、キャパが大きくキャプテンシーがある。だが、裏を返せば、高校生でそこまで抱え込まなくて良い責任を抱える傾向がある。自分以外のコントロールできない相手の目標まで抱えてしまうことで、考えすぎてしまうことがある。

 ただ、西村監督はそんな経験も、近藤の成長には必要なことだと語る。
 うまくいかないことが挫折だとは、西村監督は考えていない。本気でやっても、成果に結びつけたり成功する可能性は低いという現実がある中で、高校生の時代は、うまくいかなかったものと、うまくいくもの、両方を体験してくれたら最高であると西村監督は強く語る。

 「これだけやった、それが自分の描いた方向に叶えば自信になります。うまく行かなければ違うやり方を考えたり、自分を高めていく方法を変えたりと自分の色んな能力を上げていく。そういう意味では今しっかりと悩むことは悩んで、ぶつかることはぶつかってという必要な時間を過ごしてると思います。彼の中では良い時間を過ごしてるんじゃないかな」

 近藤は西日本短大附で着実に良い経験を積み成長してきている。他の人の目標も背負うかもしれないが、近藤ならそのすべてを背負いながら目標を超えていけると期待させてしまう。

【次のページ】 やり切った状態で夏を迎えられるようにしたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

近藤大樹
近藤 大樹(こんどう・だいき)
  • 嘉麻ボーイズ-西日本短附
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:170センチ・70キロ
【関連記事】
第941回 福岡県は実力校多数!どこが勝ち抜けるか?!【大会展望・総括コラム】
第895回 九州大会総括 攻守で盤石の強さを見せた西日本短大附【大会展望・総括コラム】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
西日本短大附vs熊本西【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第930回 人間力と長打力を愚直磨いた「昭和の男」 神宮隆太(西日本短大附) 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第922回 名将も認める「稀に見るキャプテン」 近藤大樹(西日本短大附)vol.1 【2019年インタビュー】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第53回 西日本短大付(福岡)「目指すは10回戦って10回勝つチーム!」【冬が僕らを強くする2019】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
近藤 大樹(西日本短大附) 【選手名鑑】
西日本短大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー