第935回 大切なことは「やり方」よりも心の「在り方」 近藤大樹(西日本短大附)vol.32019年04月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【近藤大樹選手のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]人間としての成長を求めて西短へ進学
[2]やり切った状態で夏を迎えられるようにしたい

やり切った状態で夏を迎えられるようにしたい



近藤大樹(西日本短大附)

 そんな西村監督の期待を背負う近藤自身も、夏に向けたチームの目標や個人の目標を目指す上で、必要となるものを理解している。

 チームとして甲子園出場という大きな目標はあるが、そのために必要なのは相手ではなく自分たちの心の中に意識を向けることが重要であると近藤は語る。

 「一番足りないのは技術面より、日ごろや学校生活です。
 そこをちゃんとやればもっと自信になるんですけど、まだチームが子供なので、夏の大会までに詰めていこうと思ってます。
 甲子園にいくとかではなく、チームの一人一人がすべてやり切り、後悔ないと思えるくらいやり切った状態で夏を迎えられるようにしたいと思います」

 また小学生の時からの目標である、プロ野球選手になるという目標に対しても、近藤は野球の「やり方」よりも心の「在り方」に意識を向けている。

 多くの高校生は、プロ野球選手の夢を語る際にセットで口するのが、数字的な目標だ。打率や本塁打数、勝利数など、数字で示せる目標を語ることで自身の目標を表現するが、ここでも近藤が重要視しているのは、数字では示すことができない「心」の部分である。

 「ずっと小学校からそうですけど、自分は一流のプロ野球選手になりたいと思っています。プレーとしてもそうですけど、プロとして人から信頼されたり、感動を与えらえるようなプロ野球選手になりたいと思います」

 近藤が中心となる西日本短大附は、4月2日に行われた春季福岡県大会準々決勝で、昨秋敗れた九州国際大付を2対1で破るなど、早くも冬のトレーニングの成果を見せ始めている。
 球春到来である。春が過ぎればすぐに夏の大会が始まる。近藤は人間力を武器にどこまで心身ともに成長しているのか、今から楽しみが止まらない。

文=栗崎 祐太朗

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

近藤大樹
近藤 大樹(こんどう・だいき)
  • 嘉麻ボーイズ-西日本短附
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:170センチ・70キロ
【関連記事】
第895回 九州大会総括 攻守で盤石の強さを見せた西日本短大附【大会展望・総括コラム】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
西日本短大附vs熊本西【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第930回 人間力と長打力を愚直磨いた「昭和の男」 神宮隆太(西日本短大附) 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第922回 名将も認める「稀に見るキャプテン」 近藤大樹(西日本短大附)vol.1 【2019年インタビュー】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第53回 西日本短大付(福岡)「目指すは10回戦って10回勝つチーム!」【冬が僕らを強くする2019】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
近藤 大樹(西日本短大附) 【選手名鑑】
西日本短大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー