第928回 徳島の地に踏み出したロマンあふれる大型右腕 森祐樹(徳島インディゴソックス)2019年03月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【森祐樹選手のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]球速アップを求めて徳島インディゴソックスへ
[2]「考えれる」ことが「考えすぎる」ことに繋がる課題も


 徳島インディゴソックスは近年、好投手を輩出し続けてきた流れがある。2016年には福永春吾(阪神タイガース6位)、2017年には伊藤 翔(西武ライオンズ3位)に大藏彰人(中日ドラゴンズ育成1位)、そして昨年2018年には鎌田 光津希がドラフトで指名を受けるなど、投手の育成には定評のあるチームとなった。

 そんな徳島インディゴソックスに今年、大きな可能性を秘めた右腕が入団した。その投手が森祐樹だ。身長188センチ体重90キロと、ロマン溢れる体格を有する森は、好投手を輩出し続けるこの流れに乗ろうと大きな意気込みを見せている。
 今回は、そんな森の素顔と目指す未来に迫っていく。

球速アップを求めて徳島インディゴソックスへ



 笑顔の森祐樹(徳島インディゴソックス)

 福岡県出身の森は、これまで有明、日本経済大学のキャリアを歩んできた。特に日本経済大学時代には、下級生時からリーグ戦での実績を積み、3年の秋には5勝を挙げて敢闘賞とベストナインを獲得する活躍を見せた。

 大学卒業後の進路を決める際、プロ野球選手になることを諦めきれなかった森は、徳島インディゴソックスへの入団を決める。森は徳島インディゴソックスを選んだ理由を、次のように語る。

 「自分の中では、今の速球はまだまだ物足りなくと感じています。徳島インディゴソックスの選手は、入団後に球速がどんどん上がっていることを聞いてここに来ました。球速はここからですね」

 現在の森の最速は145キロ。身長190センチ体重93キロの、屈強な体格がある中でのこの球速はまだまだ物足りないと感じており、球速アップを現在の最優先事項に掲げて練習に取り組んでいる。

 「この前、竹内(裕太)さんの隣で投げさせてもらったんですけど、ちょっと自分とは全然違うな思いました。竹内さんは剛腕タイプの投手ですが、ここに来たからには自分もそこを目指していきたいなと思います」

 そのために森が今力を入れているのが、トレーニングと日頃の生活だ。
 徳島インディゴソックスでは、トレーナーによるトレーニングプログラムが組まれており、そのプログラムがこれまで多くの選手の球速アップを生み出してきたのだ。

 また、そのトレーニングの効果を最大限に生かすために、日頃の生活にも手を抜くことはない。
 「トレーニングはみんなやるので、差がつくとしたら栄養だったり、日頃の私生活は他のの選手よりは大事にしていると思います。しっかりとした栄養や、睡眠も8時間以上は取るようにしてトレーニングしたものを体に還元できるように意識して生活しています」

【次のページ】 「考えれる」ことが「考えすぎる」ことに繋がる課題も

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

森祐樹
森 祐樹(もり・ゆうき)
  • 有明-日本経済大-徳島インディゴソックス
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:190センチ・93キロ
【関連記事】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第46回 最速151キロ!侍ジャパンで活躍する盟友の姿を胸に四国で躍動する石井大智【四国発】
第959回 「00」背負い夢を追う 「100マイル」ドミニカン右腕 ジェフリー・へルナンデス (徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第927回 無名の独立リーグ屈指の強肩外野手 高いハードルを乗り越える実戦派へ 服部真琴(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第926回 チームの完全優勝を引っ提げて支配下でNPB入りへ 安井勇輝(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第18回 2018 年人気記事ランキング 1位は実力もルックスも兼ね備えた大型二塁手!独立リーグの選手2名がランクイン!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第21回 四国高校・独立&中国大学・社会人ドラフト指名5人衆【四国発】
第20回 「チャンスは四国にある」セカンドステージへの挑戦【四国発】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー