第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵)2019年03月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]冬のベースは「明治神宮大会・星稜戦」
[2]「何事にも動じず」日本一へ

 センバツ大会第4日第2試合で昨秋東北王者・八戸学院光星(青森)との初戦を戦う昨秋中国チャンピオンの広陵(広島)。部員88人の大所帯ながら名将・中井 哲之監督の下、結束力を持った戦いがチームの伝統となっている。

 そこで今回はエース右腕・河野 佳(3年)をはじめ多彩な投手陣もマスク越しにリードする主将・秋山 功太郎(3年・捕手)と、2年生のまとめ役であり、遊撃手・主軸も務める宗山 塁の2人に、チームのこと、自分たちのこと、そして目指す頂について大いに語ってもらった。

冬のベースは「明治神宮大会・星稜戦」



インタビュー中の宗山塁(新2年・遊撃手・左)と広陵主将・秋山功太郎(新3年・捕手・右)

―― いよいよセンバツですが、まずはお2人に昨秋の結果を踏まえ、チームと自身がここまで取り組んできたことを教えてください。

秋山 功太郎主将・捕手(以下、秋山)  チームとしてはバッティング。個人としてはキャッチング・ブロッキング。あとはリードでの配球面。リズムが悪い時にリズムを変えて大量失点を防ぐようにすることを心掛けています。

宗山 塁遊撃手(以下、宗山)  自分は個人としてスピードとパワーの不足を秋までは感じてたので、冬は体幹トレーニングから下半身・上半身をバランスよく、柔軟性を考えながら「力強く行う」ことを意識して多く行ってきました。

―― 秋山捕手が先ほど話したリード面の話はやはり明治神宮大会・星稜(石川)戦で大量失点して0対9、7回コールドで敗れた苦い経験があったからですか?

秋山  あの試合、4回表に7失点したんですが、投手が苦しんでリズムが悪くなって、投げ急いでいた時に自分がタイムを取ったりリズムを変えていればあのようにはならなかったんです。どんどん投げさせてしまって、守備のリズムも悪くなり、記録に現れないエラーもたくさん出てしまったのは、全部自分の責任だと思っています。

 自分がリズムを変えていれば取られても3点くらいだと思うので、冬は自分がミットを構えるタイミングなどを変えられるようにすることを取り組んでいました。

―― では、そういったことを心掛け、ブルペンで受けた投手陣の成長はいかがですか?

秋山 投手陣も身体づくりはしっかりやっているので、受けていてもスピードは増している実感はありますし、全員の投手が「考えて投げている」ということを感じます。

 秋は自分たちのフォームを気にしすぎて、相手打者に向かって投げていない傾向もあったのですが、この冬は「どうやって相手打者を抑えるか」という思考で投げている。成長していると思います。

―― 秋山捕手は投手陣とどのようなコミュニケーションを?

秋山 ブルペンの場合、たとえば外角に投げるときでも場面を想定し僕からサインを出して投げるようにしています。

―― 対して打撃面で言えば、やはり星稜の奥川(恭伸・3年)投手を最終的に打ち崩すことがセンバツ制覇のポイントになると思います。明治神宮大会の経験を踏まえて冬はどのようなことに取り組んできましたか?

宗山  (中国大会準決勝で対戦した)西 純矢・(創志学園3年)投手も変化球はよかったんですが、少し制球にばらつきがあった。そこで西投手に対しては甘いボールを見逃さず打って結果につながったんですが、奥川投手は変化球の精度もよくて完成度が高かったんです。

 ですので、冬場は相手投手が崩してくるボールに対して、自分たちが崩れずにしっかりスイングすることを心掛けて練習しました。

【次のページ】  「何事にも動じず」日本一へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

秋山功太郎
秋山 功太郎(あきやま こうたろう)
  • 広陵
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長・体重:180センチ・79キロ
  •  岡山市立足守小では足守ソフトボール子供会でプレー。岡山市立足守中から野球に転じ、岡山西リトルシニアへ。高校は「野球以外の部分も学べるし、中井(哲之監督)先生にもあこがれ」広陵への入学を決めた。

     広陵では背番号「12」で2年夏の甲子園ベンチ入り。秋も同じく背番号「12」でベンチ入りを続け、明治神宮大会では背番号2でスタメン出場。大会後に主将へ任命された。50メートル走6秒2・遠投110メートル・高校通算5本塁打(2018年末時点)。

     参考にしているプロ野球選手は打撃面が「逆方向に長打が打てる」内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス)、捕手面が「キャッチングがよく肩が強い」小林 誠司(読売ジャイアンツ・広陵OB)。

プロフィール

宗山塁
宗山 塁(むねやま るい)
  • 広陵
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長・体重:173センチ・70キロ
  •  三次市立三良坂小では軟式・三良坂少年野球クラブでプレー。三次市立三良坂中でも軟式野球を続け、クラブチーム・高陽スカイバンツでプレーを続けた。

     高校は父がOBであり、「小さいころからあこがれていた」広陵へ。1年夏から背番号「18」を付け甲子園ベンチ入りを果たすと1年秋からは遊撃手レギュラーを奪取。公式戦43打数17安打1本塁打11打点でチームの中国大会制覇に大きく貢献した。中井哲之監督の宗山評は「本人に褒めたことはないが、すべてに伸びしろがある」。50メートル走6秒1・遠投100メートル・高校通算2本塁打(2018年末時点)。大会では選手宣誓の大役を務めた。

     参考にしているプロ野球選手は守備面では「守備範囲が広くグラブや足さばきが柔らかい」源田 壮亮(埼玉西武ライオンズ)、打撃面では「長打も単打も打てる」秋山 翔吾(埼玉西武ライオンズ)。

【関連記事】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
第1013回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第1020回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第64回 野球が終わっても「腰が低いし笑顔が似合う」と言われてほしい 恩師が語る野村祐輔(広陵)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第926回 「みんなの喜び」のため、日本一にチームを導く! 河野 佳(広陵) 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第826回 変化球投手から148キロ右腕へ 河野佳(広陵)を変えた2つのキーワード 【2018年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー