目次

[1]寺迫の急成長をもたらした中田唯斗の存在
[2]レベルアップを果たし、エースとして活躍を!!

 今年の明豊は4人の好投手がいる。長身右腕・大畑 蓮、将来的には150キロを投げる可能性を秘めた1年生右腕・狭間 大暉、1年生とは思えない完成度を誇る左腕・若杉 晟汰、そしてチーム最速の144キロを投げ込む右腕・寺迫 涼生だ。寺迫自身、「大事な場面では任される投手になりたい」と意気込む。その野球人生を振り返っていくと、寺迫の成長は負けず嫌いの一面が支えていることが分かった。

寺迫の急成長をもたらした中田唯斗の存在


 寺迫の野球人生のスタートは他の選手に比べて遅い。幼少期から水泳をはじめ、野球を始めたのは小学4年生の終わりごろ。小学校1、2年生で始める選手が多い中だと比較的遅い方だが、これまで水泳をしてきた経験は生きている。

 「自分はバタフライが得意でしたので、肩甲骨は鍛えられました。それは野球に生きていると思います」

 中学ではまず最初のボーイズチームに所属したが、中学1年の冬にいったん退部していて、野球をやめていた。しばらくはプレーせず、中学2年の6月に御坊ボーイズに入団するまで、帰宅部だった。

 野球を再開し、御坊ボーイズに入部すると、ライバルとなる選手がいた。それがエースの中田 惟斗大阪桐蔭)だ。中田を見て「体も大きく、ボールも速く、すごい投手だなと思いました」と驚き、寺迫は2年冬に捕手から投手に転向したが、始めたときの球速が120キロ前半。中学生にして130キロ台の速球を投げていた中田とは大きな差があり、「ショックを受けました」と振り返る。

 ここから中田に追いつこうとひたすらトレーニング、ピッチングに打ち込んだ。中田がピッチングすれば、隣で投げる。
 「とにかく中田に勝ちたくて。中田が練習しないときを見計らって練習したりしていましたし、正直さぼれと思っていた時期もありました」

 強烈なライバル心をむき出しにする寺迫はめきめきと実力を伸ばしていき、中学3年夏には137キロまで速くなり、中田とともに2枚看板として活躍し、ジャイアンツカップに出場する。

 「指導者にいろいろ教えていただき、成長することができました。あの時、中田と一緒に2枚看板と呼ばれたことはとても嬉しかったです」

 努力して速球投手へ成長した寺迫。そして小学校時代から憧れがあった明豊への進学を決意。
 1年秋に背番号1を獲得した。ではどうやってアピールしたのか。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。