目次

【足立 駿選手のギャラリーもチェック!】

 初出場の大分で楽しみな大型二塁手がいる。その名は足立 駿。185センチ82キロと恵まれた体格を誇る大型二塁手として注目されている。そんな足立の選抜にかける意気込みに迫った。

攻守はどう突き詰めているか?


 小学校2年生から野球をはじめ、中学までは投手・外野手を兼任。大分高に進むために、大分中に進学し、本格的に二塁手に専念した足立。中学2年から身長が伸び始め、160センチ台から一気に180センチまで大きく伸びた。中学3年時には全国大会出場を果たし、多くのメンバーとともに大分高の門をたたく。

 入学当初は「中学と違って、プレーにスピード感があって最初は苦労しました」と振り返るが、持ち前の高い打撃力を発揮し、1年秋にはベンチ入りする。しかし2年生になり腰痛のため、2年夏はベンチ入りを逃す。

 新チームでは1番に座り、足立は「広角に強い打球を打てること」と「初球から甘い球を打ち返す」ことを強みに快打を披露。打撃について心がけていることを聞くと、「僕の場合、腰や足が開いてしまったら打てないのでなるべく開かないように心がけています」と、打撃フォームの無駄をなくすことにこだわり、秋季大会では打率.345を残し、1番打者として存在感を発揮した。

 二塁守備では菊池涼介を参考にしており、守備範囲の広さと強肩を売りとする足立は自身の守備についてこう語る。
 「自分は他の人と比べて肩が強いので、軽いスローでも力強いスローイングができるのが強みです。なのでなるべく打球に速く追いついて、素早く処理をしても強い送球ができることを心がけてきました」

 この冬は勝負強さとスイングスピードを上げるために、自主練習ではティーで5箱打つ練習を繰り返してきた。そして3月からの練習試合では2本塁打を放ち、打撃は好調だ。

 そしていよいよセンバツも近づいてきた。
 「初回からチームを勢いづける活躍を見せたいと思います」
 目指すは日本一だ。そして個人としては
 「やるからには日本一の二塁手を目指したいと思います」

 今年の高校生二塁手としてはナンバーワンのスケールを持つ足立は選抜でブレイクなるか。

文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。