目次

[1]捕手の魅力は小学校の時から気づいた
[2]新チームでは扇の要としてチームを引っ張ることを決めた/江川が語るキャッチング・スローイング論

 初出場の大分。攻守の原動力として活躍したのが正捕手・江川 侑斗だ。九州ナンバーワンキャッチャーとして注目される江川は巧みなインサイドワーク、高いキャッチング技術、正確なスローイングは一級品で、大分のライバル校の選手が「江川のスローイング、キャッチングがすごい」と口をそろえる。江川はいかにして高い技量を身につけたのか。その秘密に迫る。

捕手の魅力は小学校の時から気づいた


 小学校2年から捕手の魅力に取りつかれた。

 松岡少年野球クラブ(軟式)では、捕手以外では、投手・三塁手・一塁手をこなしたが、なぜ捕手が一番気に入ったのか。
 「捕手は他の野手と比べて見ている景色が違いますし、自分で試合を動かして、チームの要になるポジションだと思います。そこでプレーするところに惹かれて捕手にはまりました」

 また捕手としての力量は中学野球の関係者の目に留まり、大分中からの誘いもあって受験し、見事に合格。大分中が運営する大分明野シニア(現・大分中学リトルシニア)に入部する。

 この3年間は、捕手力を高めた。
 「特に学んだのは配球ですね。監督さんから基本的な配球のほか、勝負に行くときの強気の配球も教えていただき、大きく成長ができました」

 正捕手としてチームを引っ張り、春・夏の全国大会に出場し、さらにシニア全国代表にも選ばれる。そこで得たものは大きかった。
「レベルの高い選手が多くて、試合をしていても楽しさもありました」

 その中でも東海大相模の左腕・野口 裕斗のボール、東海大菅生成瀬 脩人のセンスの高さに驚かされたという。中学3年間は、江川にとって濃い3年間だった。

 そして、そのまま大分高に入学した江川は2年春にベンチ入り。打率を残せる正確な打撃力と、声でアピールをして、夏にはレフトでスタメン出場するも、初戦敗退。
 「夏の甲子園を狙っていたのに、初戦敗退したのは本当に悔しくて落ち込んで、敗退した日はなかなか眠れませんでした」

 試合翌日もなかなか切り替えられずにいたが、先輩からの励ましもあり、秋は捕手として甲子園を目指そうと心に決めたのだった。