目次

[1]甲子園を夢見て名門校の門を叩いた
[2]ショートから外野手にコンバート!

 3年ぶりのセンバツ出場となる龍谷大平安。昨夏の経験者が少ない新チームで新戦力として台頭したのが中島 大輔(新3年)だ。夏まではベンチ外だった中島だが、新チームになって台頭。1番センターの座を掴み、チームの甲子園出場に貢献した。

 50m走が5秒9という俊足の中島はどのようにして定位置を獲得したのか。表舞台に立つまでには知られざる苦悩があった。

甲子園を夢見て名門校の門を叩いた



快速を飛ばす中島大輔(龍谷大平安)

 中島が生まれ育ったのは和歌山県日高川町。父親も元高校球児で中島も幼い頃から野球に興味を持っていた。元々は軟式野球から始める予定だったが、父親の高校時代の先輩が和歌山御坊ボーイズの監督だった縁もあり入団。小学1年生の冬から硬式野球に取り組むことになった。

 小学生時代は野球と並行して陸上の短距離も行っていた中島。その俊足ぶりは当時から有名で、県内では負けなしだったという。小学5年生の時に100mで全国7位になっているが、この時に初めて同世代の選手に負けたそうだ。

 陸上でも実績を残していたが、中島が目指したのは甲子園。中学では野球に専念すると、中学硬式野球の日本一を決めるジャイアンツカップで3位という好成績を収めている。

 中学で実績を残した中島が進学先に選んだのは京都の龍谷大平安だった。その理由をこう語る。

 「小さい頃から県外の強豪校に行って甲子園に出るというのが夢でした。龍谷大平安が甲子園に出ているのを見て、カッコいいなと思いました。甲子園に出ている回数も多かったのでここに行きたいと思いました」

 憧れの甲子園を夢見て名門校の門を叩いた中島。しかし、待ち受けていたのは怪我との戦いだった。

 「3月の終わりにここに入ってきましたが、もう4月の頭には左膝が痛いなと思っていました。左膝を診てもらったら離段性骨軟骨炎。曲げて力を入れた時に軟骨と大腿骨がこすれ合っている状態でした。軟骨がほぼ外れかけていたので、それを止める手術をしました。11月末頃に復帰したんですけど、その後すぐに左足を骨折しました。気付くのが1ヶ月遅れてしまって本格的に復帰したのは2月の終わりくらいです」

 最初の1年は怪我でほとんど野球ができなかった。試合に出るどころか練習すらままならない状態。公式戦で活躍する先輩や同期を尻目に、復帰を目指して黙々とリハビリを続けていた。


PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。